猫用AIドア。死んだ獲物をくわえて帰宅する愛猫をブローーーック!

  • 26,764

  • author Melanie Ehrenkranz - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岡本玄介
猫用AIドア。死んだ獲物をくわえて帰宅する愛猫をブローーーック!
Image: Ignite Seattle/YouTube

これで夜中の3時に動物の死骸を片付けなくて済むようになりますよ。

あなたの愛猫がたびたび殺戮的な気分に陥り、家に何かしら血の滴る不愉快な死骸を運んでくるようになったら、どうしますか? もしあなたがベン・ハムさんだったら、AI制御の猫用ドアをDIYし、ネズミやハトなど汚らわしい死肉のプレゼントを家に持ち帰られないよう、シャットアウト出来ることでしょう。

必要に迫られてAIを教育

ハムさんは何カ月も費やし、愛猫メトリック君が家に入る/出て行くだけの画像を何千枚もAIに学習させました。気の遠くなるような作業ですが、真夜中に狩人の本能が目覚めた毛玉君が、死んだ動物(時には瀕死でかろうじて生きている…)を家に持ち帰ってきて、ハムさんの安眠が妨げられることを防ぐためのAI制御ドア構築に必要な作業だったのです。

ハムさんはAmazonで上級製品管理部長を務めています。彼は先月開催された、多様なアイディアの発表会「Ignite Seattle」にて登壇し、このドアを制作したきっかけから過程、結果までを面白おかしく発表しました。

Video: Ignite Seattle/YouTube

制作までの経緯

エンジニアやプログラマーを雇ったほうが手っ取り早いのですが、総じて「教えてあげるから自分でやれ」と断られてしまったのだそうな……。

壇上にて、ハムさんはこう話しました。

猫が普通に帰宅するか、私の夜を台無しにするか、なのです

これがかえって彼のドア制作のモチベーションとなり、プログラミングに関しては素人だったハムさんが、効果的に猫を検知できるよう機械学習を訓練することに繋がりました。

Amazonフル活用で実現

ハムさんはアルドゥイーノを鍵に取り付け、Amazonの「ディープレンズ・カメラ」をドアの上に設置。そしてメトリック君が口に獲物をくわえているか否かを判断させるため、およそ2万3000枚もの画像を、Amazonの機械学習ソフト「SageMaker」に読み込ませました。

190703_catdoor2
Image: Ignite Seattle/YouTube

そしてもしドアが獲物を検知すると、ドアは15分間メトリック君を閉め出し、ハムさんに写真付きのお知らせを送信し、さらには環境保護団体の全米オーデュボン協会に寄付をするよう設定されています。

その結果

メトリック君が一狩り行くのは、大体10日に1回の頻度なのだそうです。ハムさんいわく、このドアを作動させてから5週間で、メトリック君が獲物なしで帰宅したのは180回、閉め出されたのは6回だったとのこと。ですが6回中の1回だけ、アルゴリズムが不調で獲物を加咥えていないのに閉め出されてしまったのだそうです。

愛があれば苦にならない?

機械学習はメトリック君の出入りする画像だけを学習しているため、このドアはメトリック君だけしか検知しません。なのでもし皆さんが同じものを作ろうとすると、ご自身の愛猫画像を何千枚も読み込ませないといけなくなります。

もしも愛猫のインスタ写真を投稿しまくっている愛猫家であれば、そのための資料はバッチリ揃っているかも?

Source: YouTube , Ignite Seattle

    あわせて読みたい

    powered by