これは便利すぎ。データをスマホ・PC・SDカード間で自由に行き来させられる、RAVPowerの多機能ワイヤレスカードリーダー

  • 12,414

  • Buy
  • author イチカ
これは便利すぎ。データをスマホ・PC・SDカード間で自由に行き来させられる、RAVPowerの多機能ワイヤレスカードリーダー
Photo: イチカ

実際、この記事書くのにすごく活躍した!

スマホ関連のプロダクトなどを展開しているRAVPowerの多機能ワイヤレスカードリーダーFileHub 「RP-WD009」

ワイヤレスでデーターのやりとりをできる優れものなのですが、馴染みがあまりないアイテムなので、そんなに使うシーンがあるのかなぁ…とか実は思っていたんです。

しかし、使ってみたらその便利さにおどろきました! 今回は、今まさにこの記事を書きながら大活躍しているFileHub 「RP-WD009」をご紹介していきます。

3つの機能をあわせたキメラプロダクト

FileHub
Photo: イチカ

RAVPowerのFileHub 「RP-WD009」は、手の平より気持ち大きめサイズでちょっとずっしり感のあるモバイルバッテリーのようなプロダクトです。

・ワイヤレスカードリーダなどを備えたファイルハブとしての機能

Wi-Fiルーターとしての機能

モバイルバッテリーとしての機能

大きくわけて3つの機能を持ったハイブリッドなアイテムというわけ。とりわけメインとなるのが、ファイルハブの機能だと思いますが、ワイヤレスでデーターのやりとりができるって、とってもステキなことだと身にしみましたよ。

PC・スマホとSDカード・USBメモリーのデータを楽々行き来できる

FileHub
Photo: イチカ

まずは、ファイルハブとしての使い方や機能から。FileHub 「RP-WD009」を利用するには、専用アプリ「RAV FileHub」をインストールし、端末とスマホをWi-Fiで接続してあげればOKです。

FileHub
Image: RAV FileHub

早速SDカードを入れてみたら、アプリにも反映されました。

filehub
Image: RAV FileHub

アプリの「ファイル管理」というところから簡単に、SDカード内に入っているデータをチェックしたりダウンロードしたりすることができます。

filehub2
Image: RAV FileHub

こんな感じでSDカード内のデータを確認でき、ファイルを移動させたり、コピーしたりなど操作することも可能です。動画とか音楽データなどであれば、アプリ上で再生もできますよ。

filehub3
Image: RAV FileHub

さらに、アプリ上からスマホに入っているデータを選択し、SDカードなどへ移すこともできちゃいます。これは、スマホのバックアップや溢れすぎてしまうデータの整理などに役立つでしょう。アプリの「カメラ」から撮影した写真はSDカードに直接保存されるなんて機能もありましたよ。

ここまでスマホアプリでの使い方を説明しましたが、PCでもブラウザからアクセスすることが可能です。

FileHub
Image: RAV FileHub

FileHub 「RP-WD009」とPCをWi-Fi接続して、ブラウザに直接「10.10.10.254」を打ち込むことでアクセスができるように。こちらもスマホアプリと同様、簡単にデータのやりとりができます。

MacBookなど、SDカードが入らないどころかUSB-AポートもないPCではハブ、必須ですよね。でも、ケーブルが邪魔だったり使い勝手が良くないことも多々あります。

だからこそ、PCとの接続・データのやりとりはワイヤレスハブのよさみをグッと感じました。これだけでも十分満足できるくらいです。

さらに、この記事を作りながら他にも感動しています。モバイルルーター機能が付いていること、最高でした。ファイルハブ機能をより使いやすく強力にしてくれています。

インターネット通信しながら、ファイルのやりとりができる

FileHub
Photo: イチカ
FileHub
Photo: イチカ

FileHub 「RP-WD009」は、LANケーブルをさせるようになっていて、有線ネットワークやモデムと接続することで、ルーターとしての役割を果たしてくれます。ホテルなどで有線LANしか用意されてないときなど、あると便利な機能です。

さらに、スマホアプリから既存のWi-Fiへの接続設定をすることで、スマホやPCなどの端末をFileHub 「RP-WD009」につなぐだけで簡単にWi-Fiへの接続もできる、ブリッジモードも搭載しています。

FileHub 「RP-WD009」を介すことで、接続も簡単に。ホテルなどの使い慣れないWi-Fiで複数端末を同時に接続したい時とか、友達に家のWi-Fiを貸してあげるとか。そんなシーンでも楽にネットに接続でき、活用の幅も広い機能です。

そして、このルーターとして使えることにより、データ転送でもめちゃくちゃ便利と感じました!

FileHub
Photo: イチカ

私は普段、カメラにはWi-Fi対応のSDカードを使用し、撮影した画像をワイヤレスで取り込んでいます。だからこそはじめ、ファイルハブの必要性が本当にあるのかと思ってしまったんです。

しかし、私の使用しているWi-Fi対応のSDカードは、つないでいる間インターネットの接続ができません。FileHub 「RP-WD009」は、それをさらっと解決してくれ、さらにスマホもPCも同時につなげて作業できる、とてもいい子すぎるプロダクト。

例えば、この記事の撮影の場合、カメラでのブツ撮りとスマホでのアプリ画面のスクショなどが発生しました。

FileHub
Photo: イチカ

ひとまずSDカードをFileHub 「RP-WD009」に入れて、スマホとPCを接続。スマホのデータを一旦SDに移して、PCからSDカードに入った撮影データとスマホでのスクショのデータをダウンロード!

もう、これだけで最高なわけです! いつもなら、スマホに入っているデータは一度googleドライブなどにあげてからPCでダウンロードしていました。それがアプリからパパッとまとめられて、カメラでのデータと一緒に落とせるなんて、なにこれめっちゃ便利じゃんって本気で思いました。

カードリーダーと接続している間もインターネットにつながっているので、そのままちょっとした調べ物とか記事の下準備とかもやりながら作業ができちゃうんです。

データの量が膨大になってしまうと、転送速度やアップするまでの速度が多少遅くなってしまうのはありますが、こまめに使えばOK。仕事でデータのやり取りが頻繁にある人には、本当にオススメします。

私は撮影・執筆があるときは、絶対にこの子を連れていく!という強い気持ちになりました。

もちろん仕事だけではなく、旅行などにも良いでしょう。友達と撮った写真や動画を共有する時に、活躍してくれること間違いなしですよ。

FileHub
Photo: イチカ

ちなみにSDカードだけではなく、USBメモリーも接続して使えます。最大4TBまでの外部メディアに対応しているので、大容量のメディアサーバーとして使用可能なんだとか。心強い。

スマホのバッテリー切れにも対応してくれる

FileHub
Photo: イチカ

スマホのバッテリーが切れてしまった際に、モバイルバッテリーとしても使用することができます。

容量は6,700mAh。ファイルハブやルーターとしての使用状況にもよりますが、応急処置としては十分に応えてくれるのではないでしょうか。

大きめサイズ感と重みは気になるところではありますが、それでも、仕事ですぐ使えるように持ち歩きたいプロダクトです。この記事作るのに、本当に捗った…!

データ転送の救世主的なRAVPowerのFileHub 「RP-WD009」は、執筆現在Amazonにて、6,999円で販売中です。Wi-Fi対応SDカードの値段やできることと比べて、かなりアリだと思います。

なお、以下の表示価格は執筆現在のもの。変更の可能性もありますので販売ページをご確認ください。

Source: Amazon.co.jp

あわせて読みたい

powered by