アマゾン版『ロード・オブ・ザ・リング』をJ.A.バヨナ氏が監督することに決定。ホラーになっちゃうんじゃ…?

  • author 中川真知子
アマゾン版『ロード・オブ・ザ・リング』をJ.A.バヨナ氏が監督することに決定。ホラーになっちゃうんじゃ…?
Image: PBO Photography/Shutterstock.com

軟禁状態はいつまで続くやら…。

The Vergeによると、Amazon(アマゾン)がまもなく公開予定のテレビシリーズ版『ロード・オブ・ザ・リング』の監督が、『ジュラシック・ワールド炎の王国』のJ.A.バヨナ氏に決定したそうです。バヨナ監督は最初の2エピソードを監督し、その後はプロデューサーのベレン・アディエンザ氏と共にエグゼクティブ・プロデューサーを務める予定とのこと。

発表では、具体的な公開日は明かされませんでしたが、内容がピーター・ジャクソン監督が映画化した『ロード・オブ・ザ・リング』の第1部「旅の仲間」の前日譚にあたるということはわかっています。

Amazon Studiosの責任者であるJennifer Salke氏は、バヨナ氏のことを次のように述べています。

J.A.の世界観の広さは、『ロード・オブ・ザ・リング』にかける私たちの野望にピッタリとマッチしています。彼は情熱的で協力的な監督です。多才なプロデューサーのベレンと共に、新たなストーリーを生み出してくれるでしょう。

J.A.バヨナといえば『永遠の子供達』しかり『炎の王国』しかり、ホラーな演出が得意なことで知られていると思いますが、私の中では『インポッシブル』の「チューリッヒ」展開で観客の涙を完全に乾かした強烈さの印象が強いです(事実に忠実なんだろうけど、チューリッヒが出てきた時点で感動大幅減。むしろ現実を突きつけられて凹む)。

『インポッシブル』を「感動の〜」で売ろうとした宣伝会社とメディアはどれほど困ったことだろうと思います。まぁ、そんな、ちょっとクセのあるバヨナ監督がメガホンを取り、エグゼクティブ・プロデューサーをするのだから、一筋縄でいかない『ロード・オブ・ザ・リング』になるでしょう。

脚本は、製作が一時的にストップしている『スター・トレック』第四弾の脚本家コンビであるJ.D.ペイン氏とパトリック・マッケイ氏(映画製作において棚上げはよくあること)。

2人の脚本とバヨナ監督がどんなミラクルを見せてくれるのか気になりますね。

Source: The Verge

    あわせて読みたい

    powered by