Apple契約会社がSiriとの会話を盗み聞きしている…ってマジ?

  • 7,769

  • author Alyse Stanley - Gizmodo US
  • [原文]
  • 塚本直樹
Apple契約会社がSiriとの会話を盗み聞きしている…ってマジ?
Image: Oli Scarff / ゲッティイメージズ

まさか、Siriさんまで…。

残念ながらAmazon(アマゾン)Google(グーグル)だけでなく、Apple(アップル)もデバイスとの会話を聞いているだけでなく、全く知らない人が録音をレビューしている可能性があります。The Guardianの報道によると、Appleの契約会社はSiriを利用し、麻薬取引や医者による診断、性的な会話など、ユーザーのプライベートな生活の一部を日常的に聞いているというのです。

AppleはThe Guardianにたいし、「Siriとディクテーション(聞き取り)を改善するために、Siriへのリクエストの一部が分析される」と伝えています。つまり、Apple IDを含まない録音内容をAppleの国際チームに送り、Siriの反応にもとづいてその内容を評価しているというのです。またAppleは、これらの録音は毎日起動されるSiriの1%未満で、ほとんど数秒しか行なわれないとしています。

しかしThe Guardiaが匿名のApple関係者に取材したところによると、事態は少々深刻な様子。これらの品質管理プロセスでは、ユーザーが意図せずにSiriを起動したケースが除外されておらず、ユーザーが望まない会話が聞かれてしまう可能性があります。また、ユーザーを特定できる詳細情報が記録される可能性もあり、それを契約会社は正常に処理されたかどうかをチェックできるのです。

「医者と患者のプライベートな会話、ビジネスの取引、犯罪と思わしき取引、性交渉を録音したケースは限りないほどある。これらの記録には、位置情報や連絡先情報、アプリ情報などのユーザーデータが付随している」と、内部告発者はThe Guardianに語っています。

さらに問題なのは、Siriが驚くほど簡単に起動してしまうことです。昨年には英高官が議会でシリアについて語った時に「Hey Siri」と聞き間違えてSiriが喋り出しましたし、時にはジッパーの音だけで起動することもあります。なお、Apple WatchとHomePodがもっともSiriの誤動作を起こしやすく、30秒ほどの録音が行なわれる可能性があります。

AppleはThe Guardianに対し、Siriから収集された情報はAppleのユーザーに関連するデータとは関連付けられないと述べています。しかしその契約者は、「誰がそこで働いているかの審査はあまりされておらず、自由に閲覧できるデータはかなり幅広い。会話をしているユーザーが誰で、どこに住んでいるかなどを特定するのは難しくない」と述べているのです。また、このような偶発的なSiriの起動は技術的な問題として報告するように指示されていますが、機密情報を含んでいた場合にはどうするかのガイダンスはなかったとしています。

先述のように、AmazonやGoogleも最近、AIアシスタントに関する同様のプライバシーに関するスキャンダルを抱えています。しかしたとえ従業員が会話を聞いていたとしても、ユーザーには会話を消去するオプションが与えられています。しかし、Appleはそのようなオプションを提供していないのです。

Source: The Guardian

    あわせて読みたい

    powered by