市場最強のAndroidスマホ、ASUSのゲームスマホROG Phone II

  • 7,392

  • author Sam Rutherford - Gizmodo US
  • [原文]
  • そうこ
市場最強のAndroidスマホ、ASUSのゲームスマホROG Phone II
Image: Asus

ここまでのスペックを必要とするのは、一部のお客様だけ!

昨年リリースされたASUSのROG Phone。コアゲーマーをターゲットとしたゲーミングPCならぬ、ゲーミングスマホ。先日、その後継機=2代目となる「ROG Phone II」が発表されました。スペックが大変なことになっています。

まずはディスプレイから。6.6インチのOLEDスクリーン。リフレッシュレートは驚異の120Hz、現高スペックスマホなら最高峰。ゲームの命、ユーザーの指使い=入力をより正確なものにするため、タッチサンプリングレートは250Hz。ASUSいわく、OnePlus 7 Pro(85Hz)、Galaxy S10(87Hz)の4倍の感度とのこと。ただ、ROG Phone IIのデフォルト設定は、省エネのため60Hzとなっています。ここはアプリ(ゲーム)によってユーザーが必要なレートを設定できる仕様。

190724asusrogphoneii01
Image: Asus

肝心の中身は、RAMが12GB容量は512GB。チップはQualcommが最近発表したばかりのSnapdragon 855 Plus。このチップ、Snapdragon 855よりもクロック周波数が高いだけでなく、特別なゲーム機能(Game Jank ReducerやGame Fast Loaderなど)を備えています。Snapdragon 855 Plusを要するROG Phone IIは、現在市場にあるもっとも速いスマートフォンよりも10%パフォーマンスがアップ。

190724asusrogphoneii02
Image: Asus

初代ROG Phoneよりも大きくアップデートされたと特に感じるのがバッテリー。6,000mAhです。初代が4000mAh、Galaxy S10+が4,100mAh、OnePlus 7 Proが4,000mAなので、ROG Phone IIのパワーはネクストレベル。『PUBG Mobile』『Fortnite Mobile』といったゲーム好きなら、このバッテリーには感謝しかありません。ASUSいわく、1度の充電で『PUBG Mobile』が7時間ぶっ通しプレイできる(60Hz設定の場合)とのこと。それ以上プレイしたい人、たまには休まなきゃダメよ。

その他に、冷却を強めるためベイパーチャンバー内蔵、複数のUSB-Cポートあり。初代で好評だったタッチセンシティブのAir Triggersボタンもより感度アップ。さらに、スクリーン内蔵指紋認証センサまでついてます。ROG Phone IIに唯一ないものといえば、5Gサポートくらいでしょう(3.5mmヘッドホンジャックもあるんですよ)。

残念ながら見た目は初代からそんなに変更なし。ただ、初代と同じくアクセサリは豊富です。

190724asusrogphoneii03
Image: Asus

ROG Phone IIのグローバル発売は9月予定。価格はまだ未発表ですが、昨年発表の初代と同じく900ドルあたりになるだろうとのこと。

こうなると、8月7日にNote 10を発表するといわれているSamsungにかなりプレッシャーかかってきますね。

ROG Phone II ほしい?

  • 0
  • 0
ASUS 日本

    あわせて読みたい

    powered by