いつもサイコーの私でいたいでしょ?中国の顔認証決済アプリ、美人フィルターを追加してしまう

  • author Melanie Ehrenkranz - Gizmodo US
  • [原文]
  • そうこ
いつもサイコーの私でいたいでしょ?中国の顔認証決済アプリ、美人フィルターを追加してしまう
Image: Gettyimages

え、そういう感じなの?

メイクや髪型はもちろん、加工フィルターがんがん使って写真を撮るのが当たり前な現代。スマホ越しに見る自分は、いつもサイコーの自分でいたいというユーザーが多いようです。特に、中国。中国のある決済アプリが、美人フィルター追加ですって。

Alipayは、あのアリババグループが運営するオンライン決済アプリ。先日、本アプリの顔認証型決済システム「Smile to Pay」にビューティーカメラ機能を追加することが、Weiboにて発表されました。決済するのにフィルターでかわいくする必要ある?!と思うのは、もう古い。なんでも、機能追加は、Sina Technologyの調査で明らかになった、「オート決済時に写る自分の顔がかわいくない」と考えている人がアンケート回答者の60%もいることに対するアンサーなのだとか。ネタ元のQuartzによれば、Alipayが決済のために使う顔認証は素の顔。ただ、スクリーンに写っているのはフィルター加工されたよりかわいい私になるということです。

スマホの普及とともに、加速していったセルフィー大好き熱。写りのいいセルフィーは、世界中みんな好きですが、中国の「好き」は熱意が違います。フィルターありのカメラアプリ、加工編集できるカメラアプリはもちろん、よりいいセルフィーが撮れるスマートフォンまで開発されていますから。ここまで、セルフィー熱が強い文化なら、なるほど決済時の一瞬だけでもフィルターなしは耐えられないのかもしれません。

Source: TechCrunch, Quartz

    あわせて読みたい

    powered by