専門家いわく『ライオンキング』の「サークル・オブ・ライフ」は自然界じゃ起きてないらしい

  • 12,518

  • author Yessenia Funes - Gizmodo US
  • [原文]
  • Rina Fukazu
専門家いわく『ライオンキング』の「サークル・オブ・ライフ」は自然界じゃ起きてないらしい
Image: Disney via Gizmodo US

言われてみれば、たしかに…ってなります。

わたしがまだ小さかった頃、初めて「死」とはどんなものか考えさせられたのが映画『ライオンキング』でした。ほかにも「愛」とか「裏切り」とか、あらゆるライフレッスンが詰まったディズニー作品ですが、大人になってから見ると、改めてこの世の中は「サークル・オブ・ライフ」で成り立っているのかしら…なんて作品に込められたメッセージをちょっぴり考えてみたり…。

映画では、サバンナの王であるムファサは息子のシンバに対して、次期王としての心構えを教えるシーンがあります。目に見えるすべてのものは、偉大なる生命のバランスに結びついていること。王として、この繊細な調和(バランス)について理解し、すべての生き物に敬意を持つのだと説きます。

ところが、こうしたサークル・オブ・ライフ(生命の環)の考え方について、ある専門家は異論を唱えています。

フィクション vs サイエンス

生態学や生物学などサイエンスの世界では「どうあるべき」ではなく「(いま)どういう状態か」に注目しており、サークル・オブ・ライフは自然界に存在しないといいます。

ウィートン大学のJohn Kricher生物学教授によれば、自然界のバランスは常に変化しているのだそうです。米GizmodoのEarther編集部の取材に対して次のように語っています。

「自然界のバランス」は、いわばクリスマスにおけるサンタクロースのようなもの。空想の世界の、ラブリーな小話ですよ。

あるべき姿などないけど人間の影響は…

大昔から、自然界ではあらゆるレベルの変動が起きています。小惑星の衝突が恐竜を絶滅させたり、何億年も前に起きた劇的な気候変動は地球上のあらゆる種を死に追いやったり、調和はさまざまな要因から乱されてきました。

こうしたKricherさんの意見に賛同するのは、カリフォルニア大学バークレー校のLaurence Frank助教。20年以上ライオンに関する研究に従事し、また20年はハイエナの研究を行なってきたという彼の意見は、以下の通り。

自然界にはバランスなど、存在しません。無数の生き物と自然環境との関係性は絶えず変化していて、そのなかで単一のバランスはなければ「こうあるべき」といったものもありません。

ところが、地球でいま私たちが迎えている「変化」は、過去のどれとも違うように見えます。

いま起きている環境破壊は、人間の行動(『ライオンキング』でいうハイエナのような悪役ではなく)に直結した結果です。人々は常に、地球の資源を消費している状態で、地球の生態系全体を不安定にさせています。

それでも「サークル・オブ・ライフ」が大事なワケ

Kricherさんは(ハイエナは、動物の死体を食すスカベンジャーで、狩りに出かける必要はないけど…と冗談をまじえながら)次のように言います。※ ちなみにKricherさんは映画『ライオンキング』を観たことがないそうです。

おそらくですが、ハイエナは生態系を壊す人間をたとえているのではないでしょうか。そんなハイエナにそれはダメだと教えようとするのが、ライオンなのかもしれません。

Kricherさんは、自然の調和や「サークル・オブ・ライフ」はロマンチックに創作された部分があるとしつつも、 倫理や保護といった意味において議論が行なわれるべきとの考えを示しています。

自然に対して人々が何をすべきか、また将来の子どもたちが野生のライオンやハイエナを目にするチャンスが残るようにどう維持していくかといった課題に向き合ううえで、こうした考え方は意味をなすだろうと述べています。

自然を意識して生きたい

たしかに(ハクナマタタと並べて)「サークル・オブ・ライフー!!」とか気軽に言い過ぎて言葉を独り歩きさせていたかもしれません。ムファサの教えは結局のところ、自然界で実際に起きているものではなく、私たちのハートに問いかけるものでした。

そうはいっても、フィクションの世界のものだからといって、目の前にある自然に対するリスペクトの気持ちは変わらないですよね。むしろ気候変動や大量絶滅が危惧されるいま、多くの現代人の生活行動が環境にどのような影響を与えているかを考えるうえで「サークル・オブ・ライフ」という考え方についてもっと向き合っても良いのかもしれません。

フィクションの世界のライオンの教えが、私たち人間とはまったく関係ないものではなさそうですからね。

    あわせて読みたい

    powered by