下痢を引き起こす寄生虫「クリプト」が米国のプールで大発生

  • 13,270

  • author 中川真知子
下痢を引き起こす寄生虫「クリプト」が米国のプールで大発生
Image: BackyardProduction / ゲッティイメージズ

感染経路が恐ろしすぎる。

梅雨が明けたら海やプールの季節です。でもアメリカに住む人は少々覚悟しながらプールで泳ぐ必要があるみたい。

The Insiderによると、米国疾病予防センター(CDC)が、クリプトスポリジウムと呼ばれる寄生虫感染症が増加していると発表したそうです。

クリプトスポリジウムとは?

とっても簡単に説明すると、熱や乾燥には弱いけれど、塩素に対して極めて強い耐性がある寄生性原虫。体内に取り込んでしまうと、激しい下痢腹痛嘔吐微熱といった症状が1〜2週間続きます。治療法はまだなく、対処療法のみ。健康であれば大抵2週間程度で治癒しますが、免疫不全患者が感染すると死に至る場合もあるとのこと。感染者の便から、数週間に渡って感染源が排出されるので、体調が回復しても要注意という曲者です。

クリプト症の感染経路が恐ろしい...!

そんなクリプトは2009年から2017年までに、アメリカとプエルトリコで444回もクリプト症の集団発生、7465もの感染例が報告されているんです。CDCによると、報告されたアウトブレイクの数は増加傾向にあり、この8年間で年平均約13パーセントも増えているのだとか。

2009年から2017年の間に発生した集団下痢の主な原因が、このクリプト汚染されたプールの水で、その次が家畜からの感染や保育園などで病気の子供との接触なのだそうです。

この寄生虫は、感染者の便に触れたり、飲み込むと広がります。つまり、公共のプールなどに混ざった便から広がった寄生虫入りの水を口に入れてしまうと感染します。(よく聞くケースだけど、知りたくない…)

クリプトは塩素に強い耐性がある

クリプト症が簡単に感染する原因のひとつに、その塩素への強い耐性が挙げられます。STATの報告によれば、寄生虫を10取り込んでしまっただけでアウト。感染者は1回の排便で10から1億も排出するそうなので、まぁ、想像したくはありませんが、つまりそういうことです。

プールといえば塩素消毒ですが、すでに書いた通り塩素化されたプールで最長7日間生存できるそうです。CDCによると、2009年から2017年の間にアメリカとプエルトリコで報告された集団感染のうち、プールや水遊び場での感染が157件(35.1パーセント)、4232症例(56.7パーセント)だったとのこと。

日本でも集団感染事例が

アメリカで大発生しているクリプト症ですが、過去には日本でも集団感染が報告されています。東京都感染症情報センターの報告によると、100名を超える国内集団感染例は1994年以降2013年までに5事例。1994年に神奈川県、1996年に埼玉県で発生した集団感染は、プールではなく水道受水槽が汚染されていたことが原因でした。また、2014年に発生したケースは、牧場体験が原因でした。

対策

経口感染を避けるため、とりあえず手洗いの徹底。それと、生水は飲まないように。クリプトの感染源は塩素には強いのですが、熱には弱いです。なので、煮沸した水を飲むようにした方がいいです。膜ろ過方式の家庭用浄水器にも、除去効果があるようです。


感染症を恐れてせっかくのレジャーを楽しまないのは勿体ないので、対策と覚悟を決めて、目一杯夏を満喫したいですね。

私はとりあえず水出し麦茶をやめて、沸かして飲むことにします。

Source: Insider

あわせて読みたい

powered by