惑星を粉砕できそうな、スーパーレーザーつきPCケース「デス・スターPC」

  • 5,602

  • author Andrew Liszewski - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岡本玄介
惑星を粉砕できそうな、スーパーレーザーつきPCケース「デス・スターPC」
Image: CherryTree

デスクの上で圧倒的な存在感を放ちそう。

最高のスペックを引き出すべく、手に余るほどの性能を持つゲーミングPCだったら持ってるぜ!という人は少なからずいるかもしれません。

80年代に主流だったベージュ色のPC時代は、すでに遥か遠い銀河の昔話。今はLEDがキラキラ光り、LCDスクリーンと奇抜な形のPCが多い時代となっています。そう、たとえば宇宙に浮かぶ惑星を一撃で粉砕した、究極の破壊力を持つデス・スター型とか。

ということで登場したのが、PCパーツを販売するCherryTreeが公式にライセンス契約をしたPCケース「デス・スターPC」です。現在予約受付中ですが、これならルーカスフィルムから訴訟も起こされず、商品が届く前に会社が潰れることもありませんし、ダース・ヴェイダー卿だってフォースで首を絞めてくることもないでしょう。

190722_deathstar2
Image: CherryTree

自作用のケースだということに注意

CherryTreeのサイトにある、これらの画像はまだプロトタイプだそうです。なので自宅に届く前に、デザインや機能の変更があるかもしれません。現状では、このケースには Mini-ITXマザーボードが搭載されており、前後にはUSBポート、スワップで交換が可能なドライブ・ベイが2つ、さらには独特のケースの形状による制限から、さまざまな部品を冷やすために導入された水冷システムがあります。

CherryTreeは大きな球体という、特定の形状を使っていることを踏まえて、部品の組み立てや交換が困難になる可能性がある、と注意を促しています。なので自作PCを作ったことがない初心者は、初体験をこれにするべきではないでしょう。

プロジェクターは追加料金

現在、649ドル(約7万円)で中身が空っぽのケースが予約できるようになっています。ですが完全なデス・スターの恩恵を受けるのであれば、これに199ドル(約21,400万円)を追加して、スーパーレーザーを照射する穴に小型プロジェクターを埋め込むことが出来ます。おそらく解像度はあまり高くないと思われるので、このプロジェクターを頼りにメイン・モニターとして使うことはないでしょう。ですが映画を見るのに使うのであれば、ちょっと雰囲気が出るかもしれませんね。『クローン・ウォーズ』のイッキ見とか、してみてはどうでしょうか?

Source: CherryTree

    あわせて読みたい

    powered by