恐怖。飛行中なのにぶっ壊れるエンジン

  • 23,650

恐怖。飛行中なのにぶっ壊れるエンジン
Image: Logan Webb /Twitter via Gizmodo US

大惨事に至らずひと安心。

先週、デルタ航空1425便飛行中のエンジン不具合により緊急着陸しました。どんな不具合かというと百聞は一見に如かず、乗客のLogan WebbさんがTwitterに投稿した、自席から見た不具合の動画をご覧ください。

飛行中のエンジンの中で金属のパーツがガタガタと音を立てていて、これを見るだけでも背筋が凍ります。

両親に「愛してる」とメール

ABC Newsによれば、1425便は32年目のMD-88(マクドネル・ダグラス社製)だそうで、月曜日の午後12時48分ごろハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港を発ち、離陸の1時間後にトラブルに見舞われるまではボルチモア・ワシントン国際空港を目指していたとのこと。幸いにも同機は午後2時27分ごろローリー・ダーラム国際空港への緊急着陸に成功し、乗客148人は動揺こそしていましたが、ケガ人はいませんでした。

デルタ航空はABC Newsに対し、乗務員が「航空機のエンジンの1つから問題」を見受けたと声明文で伝えています。ABC Newsの報道した内容からすると、それはかなり控えめな表現と言えそうです。

LiveATCでは、パイロットが航空管制官に「緊急事態を宣言する。ロールアウトの際にクルーたちが必要だ」と言っているのが聞こえました。

乗客のAvery Porchさんは「轟音を聞いた後、煙が機内に入って来るのが見えて、とても怖くなり始めたんです(中略)少し減速し始めて暑くなっていました。空調が止まっていたんです」とWMAR-TVに話しています。「飛び降りる最初の1人になるところでした」とのこと。

PorchさんのボーイフレンドTyler Kreugerさんは、空の上で電波がなかったにもかかわらず両親に「愛してる」とメールを送ったそう。

煙と匂いがキャビンを満たす

乗客のJack LeonardさんはABC 11に対し、「一部始終を耳にして感じてた…正直なところ、とてつもなく怖かった。爆発の後、大問題であることは疑いようがなく、その直後に煙が後方のキャビンを充満し始めた。匂いで分かった。金属が燃える匂いがして、キャビンが揺れ出した」と語っています。

ABC Newsによれば、デルタ航空は迷惑を詫びて、乗客がローリーで待たされる間30ドル分の食事クーポンを提供したとのこと。乗客らが目的地に到着したのは、現地時間の午後8時30ごろだったとか。

機体は再就航

Popular Mechanicsによれば、MD-88は「アメリカの大手航空会社で現役の機種ではもっとも古く」、旧式の制御盤、窮屈なコックピットそしてものすごい騒音でパイロットの間では悪名高かった模様。2017年には、デルタがジュニアパイロットに対し2020年に引退させる予定のジェット機を操縦できるなら機長の座への手っ取り早い出世コースを提供するつもりだとBloombergが報じました。しかしながら、デルタはこのトラブルに見舞われたMD-88のエンジンを差し替え、水曜日から再び運航する予定であるとABC 11に語っています。

米Gizmodoはデルタ航空にコメントを求めましたが、返信はありませんでした。

Source: Twitter, FlightAware, ABC News/ABC 11, LiveATC, WMAR-TV, Popular Mechanics, aviationtribune, Bloomberg, FlightGlobal

    あわせて読みたい

    powered by