Facebook本社にサリン入りの郵便物!?

  • author Bryan Menegus - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岡本玄介
Facebook本社にサリン入りの郵便物!?
Image: Nick Fox/Shutterstock.com

機械による誤報の可能性もあるそうな。

カリフォルニア州メンロー・パークの、Facebook本社内にある郵便物の仕分け部署にて、サリンガスが入った郵便物が発見されとのこと。それにより従業員が避難することになりました。サリンは日本でも事件になり、社会的に有名になったほど、致死的な神経ガスですよね。

あちこちのメディアでニュースになっていますが、現地のKPIX 5でもツイートされています。

無色、無臭、無味のサリンは、施設内にある郵便物の検査機により検知されたと報じられています。そして社内では、誰も被害に遭っていないと考えられています。一方、陽性と出たこの検知は誤報だった可能性も浮上しており、初期に行われた野外試験ではその裏付けが示唆されているのだそうです。

その荷物は現地時間の午前11時頃に見つかり、4棟の社屋にいる従業員たちが直ちに避難しました。そしてLos Angeles Timesによりますと、1195ハミルトン・コートに建つ郵便施設のみが閉鎖され、FBIの捜査員たちが到着。そしてもし荷物のテストがサリンで陽性と出たら、捜査を開始するようです。

Facebookの広報担当、アンソニー・ハリソン氏が米Gizmodoにこう教えてくれました。

太平洋標準時の午前11時の朝、とある荷物が当社の郵便室に届き、そこで怪しいと判断されました。我々は4棟の建物から避難し、地元当局と連携して徹底調査を実施しています。

当局は今のところ、検出された荷物を特定できていません。そのご避難した3棟は、従業員を戻すため検査を終えました。我々は従業員の安全を第一に考えており、追加情報が入り次第、共有していきます

続報が入り次第更新します。

Source: Twitter, CNN, Los Angeles Times

    あわせて読みたい

    powered by