iOS 13で相手をまっすぐみているような視線修正機能が追加されるらしい

  • author 中川真知子
iOS 13で相手をまっすぐみているような視線修正機能が追加されるらしい
Image: Will Sigmon/Twitter

考えるとちょっと怖い。

頻繁にビデオチャットする人なら、通話相手と目が合わないことを知っていると思います。ほら、スマホにしてもタブレットにしてもコンピュータにしてもカメラは画面の上についているじゃないですか。でも通話する時って基本的に相手の顔を見ながら、つまり、カメラよりも視線が下に行っているから、実際にお互いの目線がミートすることがないんですよね。

これがスマホやコンピュータならまだマシ。タブレットにキーボードをつないで横置き状態でビデオチャットしたなんて時は、もう大変。目線云々のレベルじゃないですからね。

まぁ、そんなわけでビデオチャットは目線が合わないというのが常識なわけなんですが、それがiOS 13で過去のものになるかもしれないんですって。

ARKitで顔の位置や奥行きを測って目線を調整

開発者向けに提供されているiOS 13のベータから、FaceTimeの目線修正機能「FaceTime Attention Correction」が見つかったそうです。画像補正を使って、お互いに目を見て話しているように見せるそうです。

アプリ開発者のWill Sigmon氏が「 FaceTime Attention Correction」を使った様子をTwitterに投稿しましたが、確かに目線が正面を向いているのが確認できます。

ちなみに、別のアプリ開発者であるDave Schukin氏によると、この機能には ARKitが使われているのだそうです。ARKitのリアルタイム表情キャプチャで、顔のポジションと奥行きをリアルタイムに計り、目線を調整していると説明されています。

対応機種に関しては情報が錯綜していて、iPhone XS/XS MaxXRのみという情報もあれば(A12 Bionicが必要ってこと?)、iPhone Xでも動いたという情報もあります。

目線が強制的に調整されて相手にガン見されるのは不気味な気がしないでもありませんが、今のように「強制コミュ障」モードで話すよりはいいのかもしれませんね。それにしても、すごい世の中になってきたもんだ…。

Source: Mashable, Twitter (1, 2)

    あわせて読みたい

    powered by