食糧難を迎え撃て! 世界的に注目される「昆虫食」の現状と可能性

  • 7,727

  • Mugendai
  • author 渡邊徹則
食糧難を迎え撃て! 世界的に注目される「昆虫食」の現状と可能性
Image: M-SUR/Shutterstock.com


【注意】本記事にはキツめの虫画像が含まれています。

トノサマバッタが美味しいとのこと。

世界的な人口増加に伴い、食糧難が懸念されています。そこで注目されているのが昆虫食IBMのWebメディアMugendai(無限大)では、20年前より昆虫食を実践する方が登場。その可能性と未来が語られていましたよ。

国連も正式に発表。「昆虫は食料になります」

食糧難を迎え撃て! 世界的に注目される「昆虫食」の現状と可能性
Image: Mugendai(無限大)

インタビューに登場していたのは、1999年から「昆虫料理研究会」の代表を務める、内山昭一さん。元々、幼い頃に昆虫食の経験をお持ちの内山さんですが、ふとしたきっかけで成人後に昆虫食に出会い、その味や食感、栄養など、美味しく食べられる方法を日々追究しています。

近年、昆虫食が注目されるようになったのは、やはり世界的な食糧難があります。2050年の世界人口は約100億人に迫ると予想され、わずか30年で25億人増加する計算。それを受け白羽の矢が立ったのが昆虫で、2013年には国際連合食糧農業機関(FAO)が「昆虫が今後の食糧になり得る」と正式に発表するほどとなっています。

食糧難を迎え撃て! 世界的に注目される「昆虫食」の現状と可能性
Image: Mugendai(無限大)

ダイエットにも最適? 昆虫食はいいことだらけ

インタビューの中で内山さんは、昆虫食の食糧としての優位性も説明しています。たとえば、生産する肉の量に対して必要な餌の量を示す「飼料効率の良さ」において、鶏は2.5kg、豚は5kg、牛は10kgに対し、コオロギは約1.7kgと圧倒的なコストパフォーマンスなのだそう。さらに、牛や豚の可食部が40%とされる中、コオロギは100%なんですって。

他にも、養殖時に温室効果ガスをほとんど出さない、必要な水や土地も少ない、高タンパクで低脂肪など、メリットがたくさんあるのだそうですよ。

はたして今後、昆虫食が普及するのかに関して、内山さんは以下のように語っています。

欧米などで主流となっているカタチをなくす方法があります。昆虫の形状に嫌悪感を抱く人は少なくないですから。あとは、できるだけ目に付きやすくすることです。長野ではスーパーの棚にイナゴの佃煮などの昆虫食品が並んでいます。魚と同じように養殖することで供給量を増やし、価格を下げることも重要です。

食糧難を迎え撃て! 世界的に注目される「昆虫食」の現状と可能性
Image: Mugendai(無限大)

すでに世界では、昆虫食品を扱うベンチャー企業が続々と誕生しており、2018年1月には欧州で昆虫を食糧として認めることを明記した法律「EU新食品規定」が施行されるなど、着々とイノベーションが起きている昆虫食の世界。

そのさらなる魅力や、やっぱり気になる味の話など、続きはMugendai(無限大)よりぜひお楽しみください。

Source: Mugendai(無限大)

    あわせて読みたい

    powered by