ゲームに最適? 2020年のiPhoneは120/60Hzの画面駆動が可能との噂

  • 8,495

  • author 塚本直樹
ゲームに最適? 2020年のiPhoneは120/60Hzの画面駆動が可能との噂
Image: Ice Universe

本当なら欲しすぎる。

ゲーミングモニタなどでおなじみ、画面の高速駆動。そんな技術がもしかすると2020年のiPhoneにも組み込まれ、画面リフレッシュレートを120Hz/60Hzから切り替えられるようになるかもしれません。

Pro Motion Displayでなにしたい?

今回の情報は、著名リークアカウントのIce universeが伝えているものです。その技術的な仕様については触れられていないものの、Apple(アップル)がSamsung(サムスン)やLGと協議を進めていると言及しています。

実はApple製品でも、iPad Proにてすでに120Ghz駆動の「ProMotionテクノロジー」が採用されています。これは画面を高速駆動することで、吸い付くようなスムースな操作感を実現するというもの。さらに、スタイラス「Apple Pencil」の書き心地も向上します。

一方で、Androidスマートフォンでも一部で120Hz駆動のディスプレイが採用されています。これは、ゲームでのなめらかな描写を狙ったもの。Razerのゲーミングスマートフォンでは、シリーズをとおして120Hz駆動のディスプレイが採用されています。

現時点では、iPhoneへの120Hz駆動ディスプレイの採用の狙いがどちらなのかはわかりません…が、どちらにしろユーザーには大きなメリットがあるはず。ゲーミングスマートフォンなみの実力を兼ね備えた新型iPhoneの登場を、楽しみに待ちたいものです。

Source: Ice universe (Twitter)

    あわせて読みたい

    powered by