風速524kmの暴風に耐えられる家の壁。材料はなんと約60万本のペットボトル!

  • 10,967

  • author Andrew Liszewski - Gizmodo US
  • [原文]
  • たもり
風速524kmの暴風に耐えられる家の壁。材料はなんと約60万本のペットボトル!
Image: JD Composites Inc.

頑丈かつサスティナブル。

ハリケーンは怖いけど、どうしても海沿いに家を建てるという夢をあきらめきれない人に朗報です。カナダのとある住宅建設業社が先日、風速300マイル(時速482km)超に耐えられる強度を誇る住宅を建設。しかも壁の材料に再生PETを利用しており、エコフレンドリーです。

湿気やカビに強く、たった数日で建てられる!

JD Composites社が建設したこの一軒家は、ノバスコシア州のメテガン川近くに建つ3ベッドルームになります。植木や花々、それにご近所がいないことを除けば、こざっぱりとした現代的なデザインとミニマルなファサードで他の家とさほど変わらなそう。家の中は家具付きで内壁は乾式壁仕上げになっていますが、この家を囲む壁こそが、建築へのアプローチにおいて目新しく魅力的で、大幅に改善された箇所なのです。

この壁は厚さ5.9インチ(約15cm)の厚板でできており、強化された構造と高い耐久力を誇ります。厚板はおよそ61万2000本のペットボトルを細かく刻んで溶かして、ガスと混ぜてフォーム状にして作られます。

この素材にはいくつかの重要なメリットがあります。冬と夏の間はよい絶縁材となり、湿気と白カビへの耐性を持ち、プラスチックを廃棄物処理施設へと送らずに済むのです。しかも家の建設は、厚板をオフサイトで作ってから巨大なパズルのように組み立てるので、数カ月ではなく数日でできるとのこと。

190705326mph2
Image: JD Composites Inc.

史上最強のハリケーンすらも耐えられるほどの強度

しかし、特に毎年ハリケーンが大きな脅威となるカナダとアメリカの東海岸で働く多くの住宅建設業者にとって魅力的なのは、その高い耐久力でしょう。カテゴリー5のハリケーンで経験するような状況にさらすため、この厚板のサンプルは検査機関に送られ、テストされることに。ちなみに2015年のハリケーン・パトリシアはグアテマラを時速215マイル(時速346km)の最大風速で猛撃。観測史上、最も強いハリケーンの1つだと考えられていましたが、JD Composite社が作った厚板はテストにおいて、時速326マイル(時速524km)の暴風を耐えぬいたのです。施設にある風洞のキャパシティーが限界に達してしまいましたが、おそらくもっと強力な風に耐えられるのでしょう。

この家のコストは建設費が40万ドル(約4300万円)ほどと推定されており、従来の建築資材と人件費と同程度の金額です。とはいえ、ペットボトルを材料に使った壁にこれほどの耐久性があれば、修理をする回数は少なく、ハリケーンの直撃によって立て直しをせずに済む可能性だってあります。

大量のペットボトルが頑丈な壁へとトランスフォームした、海の近くの一軒家。現在は販売されていますが、もし買い手が見つからなければAirbnbに登録するそうです。


Source: CBC, JD Composites

ペットボトルの壁 ほしい?

  • 0
  • 0

    あわせて読みたい

    powered by