アイブは木と革製のハンドルのない車を構想していた?

  • author 塚本直樹
アイブは木と革製のハンドルのない車を構想していた?
こういうの? Image: WindNight/Shutterstock

実物を見てみたかった…。

Apple(アップル)を離れ、独自のデザインスタジオを設立することが電撃的に発表された、デザイナー ジョニー・アイブ。そんなアイブがAppleのプロジェクトとして、木材や革素材からできた、ハンドルのない車を発想していたことが、海外報道により伝えられています。

The Informationによれば、アイブはApple独自の自動車プロジェクト「通称:Apple Car」に関わっていました。そして初期プロトタイプの中に、上のような風変わりな自動車のアイディアが含まれていたというのです。

さらに、Siriを組み込んだ自動車のアイディアをApple CEOのティム・クックに披露したこともあったそう。その仕組は不明ですが、Apple幹部の語りかけに対して女優がSiriを装い返答していたと報じられています。さらに、リリースされなかった「Apple TV」や「Apple Watch」の初期プロトタイプにも、アイブは関わっていました。

一方で、2015年にApple Watchが発売されて以来、アイブのAppleへの関わりは減っていったともThe Informationは伝えています。このあたりから、Appleとアイブとの目指す未来に違いが生じてきたのかもしれません。

アイブの独立に当たり、Appleは主要なクライアントとしてアイブと協力を続けると伝えています。これが単なる社交辞令なのか、あるいはアイブの船出を後押しする祝辞だったのかは、そう遠くないうちに判明するはずです。

Source: The Informataion via MacRumors

    あわせて読みたい

    powered by