悩める親子のやる気パワーも溜まるかな? コクヨのIoT文具「しゅくだいやる気ペン」

  • 6,135

  • author 中川真知子
悩める親子のやる気パワーも溜まるかな? コクヨのIoT文具「しゅくだいやる気ペン」
Image: コクヨ

悩める子育てに、はいテック!

私は学習習慣のない子供でした。私の母は自主的に勉強したタイプだったので、私も勝手にそうなるだろうと思っていたらしく、勉強習慣をつけるサポートをしてくれなかったんですね。だから勉強が徐々に難しくなる小学校の中学年の頃から、みるみる成績が落ちて落ちこぼれ状態に…。そんな私は6歳になる男の子を育てているのですが、やっぱり学習習慣をつけることに悪戦苦闘しています。

でも、大人になってから勉強の楽しさを知った私は、どうにかして息子にも勉強の魅力を知って欲しい。そこで、あれこれ方法を試す日々が続いています。

そんな時に知ったのがコクヨのIoT文具「しゅくだいやる気ペン」。コクヨって文房具で有名なコクヨですよね、IoT文具って何? 本当にやる気でるの?

まずはどんなものか動画を見てみましょう。

Video: kokuyo/YouTube

使い方は簡単。市販の鉛筆に取り付けて電源を入れて勉強するだけ。HPの説明によると、やる気ペンが日々の努力を見える化してくれるのだそうです。

机に向かうほど「やる気パワー」が溜まります。

190711yaruki1
Image : kokuyo

10色表示でやる気度が図れるので、「今日はxx色まで頑張ろう」と目標を立てることもできます。

190711yaruki2
Image : kokuyo

貯めた「やる気パワー」は、親のスマホアプリに注いで「やる気の木」を育てます。

これだけでなく、親は子供が勉強した時間や集中度をアプリで確認することができます。

コクヨのHPでは、習慣化のプロである石川善樹先生の提唱する「べんきょう習慣化3つのコツ」が紹介されています。

1)環境を整える

2)ちいさなことから

3)すぐほめる

「しゅくだいやる気ペン」は2と3をサポートするアイテムということになります。特に3の部分でしょうかね。

ただ、自分的には「このペンさえあれば解決!」とは感じなかったかも。それは、私が常に子供を褒めたいタイプで、子供に勉強を教えている時でも頻繁に褒めていて「褒めるきっかけを探している」わけでないからだと思います。私が親として治したいところは、息子が勉強に集中できずにいる時にイライラして怒る部分です。つまり2の部分だったりします。そこに「やる気パワー」がどう働きかけてくれるかで、私の中での「しゅくだいやる気ペン」の価値がグッと上がると思います。

できることならハンズオンして親子で「やる気ペン」の実力を体験してみたいですね。物珍しいから一時的に遊び感覚で使いたいレベルのものなのか、1ヶ月でも使い続けていればIoTペンに頼らずとも勉強する習慣がつくようなものなのか、そういった部分も気になりますし。

お値段は4,980円(税抜き)。習い事によっては1ヶ月分の月謝に相当するお値段なので、それだけ親は効果に期待しちゃいますよね。「せっかく5,000円も払って買ったんだから、使いなさい!」と怒る回数を増やすことになるのか、「これで5,000円なら安い!」となるか、さぁ、どちらでしょう?

Source: コクヨ

あわせて読みたい

powered by