MacBook Air(2019)でバタフライキーボードとさよならできる?著名アナリストが予測

  • 17,083

  • author 塚本直樹
MacBook Air(2019)でバタフライキーボードとさよならできる?著名アナリストが予測
Image: Shutterstock

とうとうこの日が…?

長らくMacBookユーザーの悩みのタネだった、バタフライキーボード。こちらが海外から登場した予測によれば、いよいよ2019年〜2020年にはシザースイッチキーボードに置き換えられるかもしれませんよ!

著名アナリストのミンチー・クオ氏によると、このシザースイッチキーボードは完全に再設計されており、おそらく補強部品にはグラスファイバー素材を採用。そしてキーストロークがより長く、耐久性も向上するとしています。また、2019年モデルのMacBook Airと2020以降のモデルのMacBook Proに採用されるそうです。

編注:今のところ、2019年に新型MacBook Airが登場すると確定していません。それも含めてクオ氏の予測ですが、後述するようにAppleが「複数の新型MacBookを用意している」のはまちがいなさそうです。

バタフライキーボードは2015年から、MacBookに採用されました。薄くて省スペース、さらに正確な打鍵が可能…とのウリ文句でしたが、タイプ感が少ない、音が大きい、そしてなによりも故障しやすいとの報告が多く、何度も修理プログラムが発表されていました。僕もこのバタフライキーボードとTouchBarがなんだか納得できず、MacBook Proをしばらく買い替えていません。

一方、シザースイッチ(パンタグラフ)キーボードはノートパソコンでは一般的に採用されており、その信頼性と打ち心地には(メカニカルスイッチほどではないにしろ)実績があります。MacBook Proの厚さが増えないかどうかはすこし気になりますが、ユーザビリティは間違いなく向上するはずです。

登録情報によれば、Apple(アップル)は複数モデルの新型MacBookを準備しているようですし、そろそろ新キーボードの採用をお願いしますよ! Appleさん!

Source: 9to5Mac

    あわせて読みたい

    powered by