モーフィング・タイム!空中でアームを折りたたんで輪くぐりができるドローン

  • author 岡本玄介
モーフィング・タイム!空中でアームを折りたたんで輪くぐりができるドローン
Image: IEEE SPECTRUM

サーカス団を作るのも面白いかも。

ドローンのサイズは種々様々。被災地の偵察などを行なうドローンは、大型のカメラを搭載せねばならないのである程度のパワーが必要で、機体が大きめになりがちです。

その一方で狭い場所を通り抜けなければいけない場合も想定せねばなりません。狭い場所でもスムーズに動けるよう、アームをたたんで一回り小さくなったり、四輪車にトランスフォームするといった「変形するドローン」が登場しています。

そんな中、ハイ・パフォーマンス・ロボティクス研究所(HiPeRLab)と、カリフォルニア大学バークレー校も「モーフィング・ドローン」という新しいコンセプトを作りました。

Video: HiPeR Lab/YouTube

モーフィング・ドローンは4本のアームを下向きにたためます。タコが脚をまっすぐ伸ばしたような形状に変形できるのです。

モーフィング・ドローンのユニークなところは、アームの折りたたみにアクチュエーターを必要としていない点。決め手となっているのは推進力です。

推進力が弱まるとアームが自動で折りたたまれる

190726_morphing-drone_2
Image: HiPeR Lab/YouTube

IEEE SPECTRUMによると、モーフィング・ドローンはプロペラが生む推進力が弱まると板バネの戻ろうとするテンションがそれを上回り、0.5秒以内で50%の大きさにすぼむ仕組みになっています。逆にまた推進力が高くなるとアームが開くのですが、どこでアームをたたむかは、絶妙に板バネの力を調節してあります。

その結果、アームを広げているときに通れなかった隙間に向かって90度横に傾いた状態で、通り抜けることが出来るようになります。この理屈だと、真下に落ちるときも狭い場所にスっと通り抜けられますね。

メリットとデメリット

これならアームを折りたたむ上記の「The Foldable Drone」と違い、トランスフォームに必要なモーターなど余計な部品が不要なので、重くならないのがメリットです。開発者たちはまだコンパクトになる可能性がある、と考えています。

考えられる問題としては、真上に向かって輪くぐり程度なら長めに勢いをつければ抜けられるかもしれませんが、狭い場所を上昇し続けることはできないであろうこと。そして見ての通り、手動操作で推進力を弱めた上で90度傾けて隙間を通すだなんて、かなり熟練の技を持っていないとできなさそうなところですよね。

後者はゲーム『Flappy bird』が得意な人なら上手くできる、かも?

Source: HiPeRLab, YouTube via IEEE SPECTRUM

    あわせて読みたい

    powered by