ノスタルジーがワイヤレスに。Bluetooth 5.0搭載のカセットプレイヤー

  • author Andrew Liszewski - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岡本玄介
ノスタルジーがワイヤレスに。Bluetooth 5.0搭載のカセットプレイヤー
Image: NINM Lab/vimeo

持ち運ぶカセットテープがかさばっても、IT’S OKです。

私たちは、ノスタルジーに浸っているとき、イヤだったことを搔き消しながら輝いていた部分を際立たせる傾向がありますよね。そこにはいくつもの理由で私たちがもう使わなくなり、存在を忘れていたカセットテープもあったりします。もしもそうした絶滅したフォーマットを蘇らせたいというのであれば、NINM Labに感謝しましょう。ワイヤレス・ヘッドフォンに対応したカセットプレイヤーが、CDに劣る音質で音楽を楽しませてくれますよ。

アナログ・ガジェットをイマドキにする企業

昭和の遺物になった技術を、令和に引き上げてくれるのがNINM Lab。彼らはかつて、Nikon、Olympus、Lyckaなど35mmのフィルムカメラをインスタントカメラにトランスフォームさせ、フジフィルムのチェキの印画紙に焼き付けてしまうアタッチメント「Instant Magny 35」KICKSTARTERで成功させたことがあります。

それはある意味アップグレードですが、そのアタッチメントはコンパクトなカメラをゴツくしてしまう珍発明でもありました。なのでいかなる写真家も、それが改善された写真体験として受け入れるとは、ちょっと考えにくいものだったかもしれません。

フィルムカメラの次はカセットテープだ

似たようなアプローチで、彼らが新しく作ったのが「IT’S OK 」というカセットプレイヤーです。

Video: NINM Lab/vimeo

これにはBluetooth 5.0モジュールを内蔵することで、古いアナログメカにワイヤレス接続性をもたらせました。なのでヘッドフォンを物理的な3.5mmジャックに挿す代わりに(ジャックも装備されていますが)、ユーザーはその音源をBluetoothスピーカーから、もしくはワイヤレスのヘッドフォンやイヤフォンから聞くことが出来るようになるのです。

「IT’S OK 」は邪魔なケーブルを取り払う以外だと、カセットテープで音楽を再生したり、早送りや巻き戻しで聞きたい曲を探すなど、やれることは全部かつてのプレイヤーと同じです。もちろんその場で歌を録音することだって可能。ただしカセットテープを何本も持ち運ばなくてはいけないのは……身軽になった現代人には面倒ですかね。

190705_cassetteplayer
Image: NINM Lab

誰も否定できませんが、ソニーの「ウォークマン」はこれまでの40年間で、もっとも重要なガジェットのひとつでした。それがあったからこそiPodが、続いてスマートフォンも生まれました。そんな技術を絶滅させないためにも、712人ものバッカーがKICKSTARTERで「IT’S OK 」に出資してプロジェクトを実現してくれたのでしょう。

色は3色、テープ需要が伸びそう

「IT’S OK 」はサクラ・ピンク、クラウド・ホワイト、イヴニング・ブルーの3色があり、KICKSTARTERキャンペーンが終わったいま、アーバン・アウトフィッターズから90ドル(9,700円)で市販されるとのことです。

ワイヤレス・ヘッドフォンは付いてきませんから、まずはそれと……空のカセットテープもたくさん買い込んでおく必要がありますね。オススメはメタルテープですよ!

Source: vimeo, NINM Lab, KICKSTARTER

    あわせて読みたい

    powered by