プログラマーがレースで勝つ時代。自律走行車レース「ROBORACE」開発の裏側

  • 8,070

  • author 岡本玄介
プログラマーがレースで勝つ時代。自律走行車レース「ROBORACE」開発の裏側
Image: Tech Insider/YouTube

なんと、センサー類はWaymoと一緒!

時速320kmで爆走する、AI制御の無人レーシングカー「ROBORACE」。デザインは、映画『トロン: レガシー』や『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』、それに『オブリビオン』でも車両デザインを担当したドイツのコンセプトデザイナー、ダニエル・サイモンさんが担当しているだけあって、すっごく未来的です。

しかしAIを使った自律運転車でレースとか、口で言うのはカンタンですけど……実際どういう感じで作られているのでしょうか? Tech Insiderによる映像でチェックしてみるとしましょう。

Video: Tech Insider/YouTube

車両はどのチームも同じだけど

なるほど、このレースに参加する車両はシャーシも基本ソフトウェアもみんな共通しているのですが、各チームはちょっとした改造やアルゴリズムの改善で差が出るのだそうです。実車だとドライバーがレースの花形ですが、「ROBORACE」ではプログラマーたちがしのぎを削っているんですね。

このレーシングミク開発には、完全に無人の「Robocar」と、新技術やソフトを試す、有人運転ができる「DevBot」の2種類の車両が関わっています。本年度に行われている実験期間「シーズン・アルファ」では、「DevBot」を中心に動いているとありました。

Waymoなどと同じセンサー

これらの車両に使われているのは、Waymoなどと全く同じライダーやレーダー、マシーン・ヴィジョン・カメラ、ソナー、GPSといったセンサー類なのだそうです。

ということは、プログラミングを書き換えたりリミッターを解除すれば、Waymoでも爆速でレースが出来てしまうかもしれませんよね。もしくはそもそもレースカー仕立てのTesla次世代「Roadster」が完全自動運転化のレベル5に到達したら、「ROBORACE」へと道場破りに挑戦してみるのもおもしろそうです。


ともあれ、人が乗らない「ROBORACE」は未来人の娯楽って感じがしますよね。それにこれなら、観客がVRゴーグルやスマホ越しにドライバー目線でレースを観戦する、なんてことも容易くできそうです。これまた世界中にストリーミングされたりして? 早く実験段階のシーズンから本格的にレースをするシーズンに移って欲しいですね。

Source: YouTube, ROBORACE

    あわせて読みたい

    powered by