ロード時間大幅短縮!Slackのデスクトップアプリがアップデート

ロード時間大幅短縮!Slackのデスクトップアプリがアップデート
Image: Gizmodo US

速くなるよ!

今週月曜日、Slackがデスクトップアプリのアップデートを発表。ロード速度が33%アップし、メモリ使用量は50%減となります。今までの10倍の速さで接続するアップデート後のSlackは、より仕事環境が安定すること間違いなし。また、ネット接続が悪いところ、ないところでも、過去のメッセージを見返すことができるようにもなります。アップデートは、これから数週間で順次配布。

と、このアップデートのニュースを踏まえて、米Gizmodo編集部ニューヨークオフィスに勤務するAndrew記者がSlackにキレまくっているので聞いてください。今回のアップデートは喜ばしいけど、そもそもさぁって話。


Slack。それは、絶対きちんと作動してくれないと困るアプリの1つ。なのにWi-Fiの接続わるすぎ、モバイルWi-Fiに繋ぐとぜんぜんダメダメで困っています。

これはきっとニューヨークの通勤風景あるある。市内へ電車通勤中、携帯の電波状況が悪くてめちゃくちゃイラつくこと週に数回。ちょっとでもWi-Fi電波が弱くなろうものなら、Slackを表示するのに何百年とかかるレベル。何も送れないし、何も見れない。会話はまったく成り立たない。エラーメッセにイライラするだけ。

そんなイライラの中、飛び込んできたアップデートのニュース。脅迫するわけじゃないけど、ハッキリ言っておきたい。

Slack、これ以上僕を怒らせないでよ? 今回のアップデート、できるって言ったことちゃんとやってくれよ?

米Gizmodo編集部にとって、Slackはハブとなる場所。10分接続されないだけで、朝の仕事がかなり遅れる。ニュースを扱う仕事でこれは致命的! この1ヶ月で送ったSlackメッセは8000件近くにもなり、これだけ見てもいかにSlack頼みか自分でも驚くほど。なのにデスクトップアプリのあの接続の安定のなさはなんなのか! 今やSlackのデイリーアクティブユーザー数は1000万人超え。となれば、僕と同じイライラを抱えている人は少なくないはず!

つまり何が言いたいかというと…。アップデートめちゃくちゃ期待してます。頼むよ、Slack!

Source: Slack

    あわせて読みたい

    powered by