なぜか頭からファイヤー。SpaceXの次世代ロケット試作機「Starhopper」の飛行テストが中止に

なぜか頭からファイヤー。SpaceXの次世代ロケット試作機「Starhopper」の飛行テストが中止に
Image: SpaceX/YouTube

初めて命綱なしで行なう上昇試験でしたが…。

今週水曜日、SpaceXが次世代ロケットの試作機「Starhopper」の飛行テストを行ないましたが、技術的な問題に直面したため中止になってしまった、とCNBCが報じています。

Stahopperは、今年4月には地面につながれながらの初ホップに成功する一方、今月行なわれた「スタティック・ファイアー・テスト」では炎に包まれるなどしていました。今回の飛行テストはそれに続くもので、アンテザード(非係留/地面につながれていない状態)で行なわれたのですが…。

ロケットのてっぺん近くから空に向けて炎が噴射された

テストのときStarhopperは、地上20mの高さに浮くまでエンジンを噴射し続けなくてはいけませんでした。ところが、ラプター・エンジン(SpaceX製のロケットエンジンの名称)は火を噴いたものの、機体を浮かせるまでいかず、「ロケットのてっぺん近くで絶え間なく空に向けて噴射される炎」が確認された、とCNBCには書かれています。TechCrunchは、事故のあと試作型ロケットには「比較的傷がない」と伝えています(その原因は現在不明の模様)。

実際の様子を見てみましょう。

Video: SpaceX/YouTube

機体の限界をテストしていた

テストの生配信を見ていたSpaceXの技師ケイト・タイスさんは次のように話しています。

今日のテストは中断されたようです。ご覧の通り、今日は離陸しませんでした。以前にも言いましたが、これは開発プログラムで、今日は機体の限界をテストするために計画されたテスト飛行でした

CNBCによりますと、失敗してしまった今回の飛行テストは、SpaceXが「Starship」の開発プロセスを、初めて公式にビデオ撮影することを認めたものだった、とのこと。SpaceXの話では、先週のテストでは機体に著しい損傷がなく、イーロン・マスクが「ステンレス鋼のデザインにダメージはない」と認めていました。

Starhopper=次世代ロケットの試作機

「Starhopper」は、SpaceXが計画している「Starship」ロケットの試作機で、同社はいつの日か35個のラプター・エンジンを搭載したスーパー・ヘヴィー・ブースターで、植民のため人類を火星に送り届けることを考えています(とはいえイーロン・マスクCEOが掲げる惑星間の野望は、科学者たちの批判晒されていますが)。

またSPACE.comの記事では、「Starhopper」はすでに2019年4月に短い「つながれた(係留されての)」ホップを2度完成させており、機体の主要ラプター・エンジンは地上テストを受けています。そして今回が初めて、機体が持つ誘導システムと、エンジンが80%の力で噴射する命綱なしのテストだった、と綴っています。

加えてTechCrunchいわく、たとえ火星の植民が目的でなかったとしても、「Starship」は完全に再利用できるように計画されているので、打ち上げ費用はSpaceXの部分再利用可能な「ファルコン9」と「ファルコン・ヘヴィー」ロケットよりも低く抑えられるとのこと。

そして以前にもお伝えした通り、SpaceXはZOZOTOWNの前澤友作さんがアートと人類のために月を周回するべく、彼に乗船券を売ったことがありました。そこでイーロン兄貴は「彼は船とブースター開発が出来るくらいたくさんのお金を出してくれるんだよ」と話していました。

またすぐ再チャレンジなるか?

NASA SPACEFLIGHTの情報では、SpaceXは木曜日にまた再挑戦するかもしれない、とのこと。とはいえ公式の発表はまだありませんが。

今回失敗したのは地上20mのテストでしたが、いつかまた過去のGrasshopperのように上空250mほど上昇して、また着陸するようなテストまで漕ぎ着ければ、ほぼほぼ完成なのかな? と思います。少し長い目で見るとしましょう。

Source: CNBC (1, 2), TechCrunch(1, 2), YouTube, SLATE, make it, SPACE.com, NASA SPACEFLIGHT

    あわせて読みたい

    powered by