トランプの選挙PR映像になぜか台東区出現。ワシントンの設定で

  • 7,419

  • author satomi
トランプの選挙PR映像になぜか台東区出現。ワシントンの設定で
台東区がなんとホワイトハウスデビュー。漢字の看板はさすがにボカシてますが…

出演協力の支持者がもういないのでしょうか…。

トランプ大統領が再選目指して用意したFacebook映像に日本のストック映像が使われて話題です。

大統領が用意した映像は「テキサスのAZさん」(ヒスパニック票対策)、「ワシントンのトーマスさん」(若者票対策)、「フロリダのトレーシーさん」(女性票対策)の3つ。どれも声は支持者なのだけど、映像はかっこいい役者さんに置きかえられています。APが最初に気づいて報じました。

いちおう動画の最初のほうに視力を集中しますと…

Actual testimonial, actor portrayal証言は生録音、映像は俳優)」と2秒ぐらい虫眼鏡の文字で注意書きが流れてます。え?見えない?…ですよね。

ココです。

Trump-discreamer
よ、読めねえ…シークバー出してたらもっと見えづらい。
Trump

政治のキャンペーン映像でストック映像使うのは決して珍しいことではないのですけど、役者の映像に支持者の声をボイスオーバーするっていうのは、なんというか、新境地ですね…。

「トランプ最高。あれ以上の大統領は考えられないわ~」と海を歩きながら語る金髪美女も、ゲッティイメージーズ子会社のiStockが1本170ドルで売っている映像です。ウェブのあちこちで使われている映像なので、見る人が見ればすぐピンときます。

「カメラを見るヒップなタトゥー&髭のカフェ店長」もiStockのストック映像です。トランプ大統領は不法移民の強制収容の環境が劣悪でミレニアム世代にそっぽ向かれてるので、こんなの作ったんでしょね。こちらはSlateがもう少し粘って調べたら、ワシントンのカフェのはずなのに、入り口までのクローズインには別のストック映像が継ぎ接ぎで使われていて、そっちは日本であることがわかりました。

どんだけ困ってるんだ!

台東区の映像が使われるのは0:03あたりから

気になる場所については、BBC日本版でこのニュースを読んだ@eR28UnQYさんが特定しています。

Googleストビューで見ると確かに、台東区鳥越の時計屋さんですね、はい。文字がぼかされているのは2軒先の中華料理店とわかります。メイク・ジャパン・グレイト・アゲイン?

トランプ大統領は指を微妙に長くする写真修正で知られますので、再選キャンペーンもいろんなところを上げ底してきそうで、先が思いやられますよ。この映像のことも最初はフェイクニュースと否定して、最後には「だからなんだよ。オバマよりずっといい」って開き直る支持者の毎度のパターンが目に浮かぶ…。

少なくともオバマ大統領のときは、不法移民の家族がバラバラに収監されて、子どもが水もろくに与えられずに1年で6人も死ぬ(10年間死者0だったのに)なんてことはなかったと思うのだけど。恥を捨てると、もうなんでもありですよね…。

台東区をワシントンと偽るフェイク映像で大統領選が、いよいよ開幕です…。

    あわせて読みたい

    powered by