天王星の幻想的な輪を直接観測。ゴルフクラブを持って行ったら楽しそうな場所

  • author 塚本直樹
天王星の幻想的な輪を直接観測。ゴルフクラブを持って行ったら楽しそうな場所
Image: Edward Molter and Imke de Pater

ほそーい輪です。

天文学者たちは、天王星の輪から直接放たれる放射を初めて観測しました。天王星に輪があることは昔から知られていましたが、その輪の構成や質量、個々のサイズはわかっていませんでした。そこでカリフォルニア大学バークレー校とイギリスのレスター大学の研究者は、チリにある2つの望遠鏡を利用し、中赤外線と電波による天王星の輪の観測に挑んだのです。

まずはターゲットを補足

観測に先立ち、科学者たちは天王星の輪がその後ろの天体の光を遮っているのを地上とボイジャー2号から観測し、ハッブル宇宙望遠鏡と地上の近赤外線望遠鏡によってそれらを撮影。これにより、天王星には10個の狭い輪、3つの太い輪、そして最低でも13個の衛星が存在していることを確認できていました。また、天王星の輪が細いことも確認。カリフォルニア大学バークレー校の発表によれば、もっとも太い輪でもその幅は20〜100km程度だとしています。これは、土星の輪よりもはるかに細いものです。

lo3q8dln9xj8cuewjmnq
Image: via Gizmodo US

このように、これまでの観測は天王星のリングを直接捉えてはいませんでした。後ろから来る光を遮ったり、太陽光を反射したものを検出していたのです。

温度とサイズが判明→寒い練習場

最新の研究では、輪自身が発する放射を、ALMA電波望遠鏡とVLT(超大型望遠鏡)のVISIR装置にて中赤外線を観測。The Astronomical Journal誌に掲載された論文によれば、リングの温度は絶対温度で77度(摂氏マイナス196度ほど)だったそうです。

また、研究者はボイジャー2号の観測に基づき、天王星のもっとも明るい輪についての驚くべき仮説を確認しています。カリフォルニア大学バークレー校の天文学教授のImke de Pater氏によると、「Epsilon(イプシロン)とよばれる小さな端が欠けている天王星の主輪は、ゴルフボールサイズやより大きな岩石から構成されている」のだそう。

多くの輪はミクロのチリなどから構成されているものですが、天王星はゴルファーフレンドリーでした。いつの日か「ちょっくら打ちっ放し行ってくるわー」と天王星へひとっ飛びしたいですね。

    あわせて読みたい

    powered by