デザイナーのこだわりが詰まったプレミアムチタン扇子「TTi-718/918」がまもなく終了

  • lifehacker
  • machi-ya
  • Buy
  • author Junya Masuda
デザイナーのこだわりが詰まったプレミアムチタン扇子「TTi-718/918」がまもなく終了
Image: machi-ya

ライフハッカー[日本版]からの転載

皆さんが物を購入するときにこだわる点は何でしょうか?

機能、見た目、価格、デザインなど基準はたくさんありますが、人に伝えたくなるストーリーや、価値を持った製品は、所有欲など精神的充足も得ることができますよね。

現在、姉妹サイトmachi-yaにてキャンペーン中の「TTi-718/918」は、素材に高級なチタンを使用し、加工にもこだわられたプレミアムな扇子です。

キャンペーン終了が迫りましたので、安価な製品には魅力などを最後におさらいしておきます。

チタン愛から生まれた製品

2-3
Image: machi-ya

「TTi-718/918」 は チタン製品を多く手がける香港のTi Maze(タイメイズ)社のプロダクト。この製品開発のきっかけはチタン素材を愛して止まないデザイナーの存在だとか。

3-3
Image: machi-ya

チタンは腐食にも強い高耐久性と軽量なことに加え、他金属と比べ人体に害が少なくアレルギー反応も起きにくい特徴があります。工業製品だけでなく、医療器具やカトラリーにも多く利用されていますよね。

豪快な918と繊細な718

4-1
Image: machi-ya

「TTi-918/718」の違いはそのサイズ感。番号から連想されるそのままに、小型が718大きい方が918となっています。

5-1
Image: machi-ya

718のサイズ感は日本でも多くの方が馴染みある普通の扇子とほぼ同じ大きさ

918は718より一回り大きく、古代中国で護身用武器としても使われた中国扇子ほどの大きいサイズ感となっています。

惜しみなくチタンを採用

6-3
Image: machi-ya

扇子の骨組み部分だけではなく、扇子において重要なパーツの要(かなめ)部分もチタン製。強度とスムーズな開閉のため、小さな部品までこだわっているようです。

7-3
Image: machi-ya

「TTi-718/918」はそれぞれ5色展開となり、そのうち黒や金色はただの塗装ではなく高級時計にも使用されるPVDコーティングという新しい表面処理が施されているとのこと。

この処理で美しく色が定着し、金属アレルギーもより低減されるのだとか。加工技術までプレミアムなものを採用されており、愛情を込められた製品に仕上がっているようですね。

シルク扇面のオプションも

8-1
Image: machi-ya

通常モデルには扇面に蘇州産の高級紙を採用していますが、オプションで黒いシルクを使った扇面に変更することも可能。絹から生み出される優しい風、という文字だけでも優雅に感じますね。まさに一生物のプレミアム感を追求できそう。


デザイナーのチタン愛から生まれた扇子「TTi-718/918」は現在クラウドファンディングサイトmachi-yaにてキャンペーン中。

執筆現在、小さい「TTi-718」は26,800円(送料込)から、大きい「TTi-918」は31,800円(送料込)からオーダー可能となっています。

すべてのコースで限定数があり、受付終了まであと1日となっているので気になる方は早めにチェックしてみてください。

>>チタン製のプレミアムな扇子「TTi-718/918」のオーダーはこちらから

Source: machi-ya

    あわせて読みたい

    powered by