Apple Musicが高音質モードに! 「Digital Masters」楽曲が導入

  • 14,615

  • author 塚本直樹
Apple Musicが高音質モードに! 「Digital Masters」楽曲が導入
Image: mirtmirt/Shutterstock

聴き比べられるかな?

音楽ストリーミングサービスの高音質化がすすみます。Apple(アップル)はBillboardに対し、新たな高音質楽曲カテゴリ「Apple Digital Masters」を導入していることを認めました。

続々と対応

Appleは2012年から専用マスタリングを施した楽曲「Mastered for iTunes」を導入していましたが、Apple Digital Mastersはその全楽曲をグローバルカタログに統合したもの。すでに主要アーティストはApple Digital Mastersへと移行しており、アメリカ市場ではトップ100楽曲のうち75%が、そして全世界のトップ100楽曲のうち71%が、Apple Digital Mastersを利用しています。

5G来るしどんどん高音質に

なお高音質ストリーミングには上には上がおり、たとえばTIDALは劣化のないロスレス音源や、さらにはMQAフォーマットを利用したHi-Fi音質の音楽ストリーミングサービスを提供しています。こちらは月額19.99ドルとかなりお高い、音楽ファンに向けたサービスです。

月額9.99ドルのApple MusicをTIDALと直接比較することはできませんが、それでも高音質なApple Digital Mastersが広がるのはいいこと。お気に入りのアーティストがこの規格に対応しているのか、ちょっと気になりますね。

Source: Billboard via 9to5Mac

    あわせて読みたい

    powered by