Apple Watchで初期の認知症が検知できるかも

  • 5,394

  • author 塚本直樹
Apple Watchで初期の認知症が検知できるかも
Image: Denys Prykhodov/Shutterstock

ヘルスケア無双

心臓の病気の兆候が検知できるなど、ユーザーの体を守ってくれる「Apple Watch」。さらに頼もしいことに、認知症の初期徴候の検知ができるかどうかの研究がすすめられています。

CNBCによると、Appleはこの研究に関して製薬会社のEli Lillyと、健康関連の新興企業のEvidationと提携しています。そしてiPhoneとApple Watchから収集したデータを利用し、調査をしているのです。

使い方で区別できる

現在報告されているデータによれば、12週間にわたって31人の認知障害者と82人の非認知障害者をモニターしたところ、認知障害の初期徴候を示す人と健康な人とを区別することができたとしています。これは、タイプするのが遅くなったり、その頻度が減ってメッセージの回数が減る、あるいはサポートアプリの使用回数が増えることで区別できるそうです。

この研究は現在進行系であり、実際にApple Watchが認知症の初期徴候の検知に利用できるかどうかは断言できません。しかし高齢化がすすむ日本でこそ、このような機能が実装されてほしいものです。

Source: CNBC via MacRumors

    あわせて読みたい

    powered by