ジェフ・ベゾス、18億ドル相当のAmazon株を現金化

  • 10,980

ジェフ・ベゾス、18億ドル相当のAmazon株を現金化
Image: AP

使い途はおそらく、ご執心のアレではないかと。

Amazonの設立者にして、世界一の大富豪ジェフ・ベゾス。米証券取引委員会に提出された書類によりますと、このたび彼は、およそ18億ドル(約1,960億円)ものAmazon株を現金化したのだそうです。

Forbesの記事では、彼は今回の売却で推定14億ドル(約1,525億円)を税抜きで受け取ることになるだろう、と綴っています。

過去最高額の現金化

この18億ドルという金額は、Amazonの時価総額が1兆ドルを超えた2018年9月に、ベゾスが稼いだ金額と一致します。

Forbesいわく、この売却は3日間に渡って行われたもので、そらくAmazon CEOの株売却としては過去最大のものだろうとのこと。しかもベゾスは、この現金化後も推定1,150億ドル(約13兆円)の純資産を保有しているというのです。

その使い途は?

しかし彼は14億ドルの現金を、一体どうしようというのでしょう?

木曜日の朝にAmazonにコメントを求めても回答は得られませんでしたが、かつてベゾスは自身の宇宙企業Blue Originの資金調達のために、毎年約10億ドル相当の株式を売却していると話していたことがあります。なので今回のほとんどは、ロケット開発に使われると考えて良いでしょうね。

ちなみに彼は、ほかの億万長者たちより慈善事業に寄付することに消極的な人物なので、いくらかでもそういう使われ方をするのかは不明です。

超倹約家の夫と超寛大な元妻

ジェフ・ベゾスは常々、彼のケチさについて繰り返し批判されており、そのた大勢の著名な億万長者たちのように、財産の半分を寄付することを誓っていません。一方元妻のマッケンジー・ベゾスは、離婚した直後に366億ドル(約4兆円)の大部分を慈善事業に寄付すると約束しました。

5月、彼女はこう書いています。

私には多すぎる分け前があります。慈善活動に対する私のアプローチは、今後も思慮深いものになるでしょう。これには時間と手間がかかりますが、私は待ちません。そして金庫が空っぽになるまで続けます

2017年6月のこと、ベゾスは慈善事業への寄付をもう少し真剣に考え始めたようで、寄付先のアイデアをツイートしたことがありました。そして彼はまた、Blue Origin、Washington Post、Amazonへの投資を慈善寄付の一形態と考えていることをほのめかしたのでした。そこにはこうあります。

私は長期的な投資が好きで、それが大きな原動力になります。Blue Origin、Amazon、Washington Postなどは、それぞれ独自の方法で社会と文明に貢献しています。

ですが私は、私の慈善活動の多くが、緊急の必要性と持続的な影響が交差するところで、今ここにいる人々を短期的に援助することを望んでいます

これまでにベゾスが行った資金提供は、「Bezos Day One Fund」への20億ドルで、これはホームレスを経験しているアメリカ人を助けることに重点を置いた、既存の非営利団体へのものでした。その団体からの基金はまた、低所得の人が通わせる幼稚園にも資金を提供しています。しかし多くの人が指摘していますが、20億ドルは当時の彼の全財産の1.3%にすぎず、彼はもっと多くのお金をバンバン稼いでいます。

彼は人にお金をあげてもあげても、稼ぐ額の方が上回っているのです。

人のお金にとやかく言うのはアレですが

ベゾスは現在55歳。ですがもし彼が正しいことをしたければ、死ぬ前にもっと頑張ってその財産を分配しなければいけません。熟年になったら特に、です。それでも私たちは彼を信じています。私たちは誰も若返ることは出来ませんし、世界にはジェフのお金で救える、辛い環境にいる人たちが大勢いるのです。宇宙への夢は素晴らしいものですが、それは慈善的な寄付ではありません。

ちなみに昨年、Amazonは117億ドル(約12兆5,000億円)の利益に対して、なんと0.00ドルもの連邦税を支払っています。

Source: Forbes (1, 2), VANITYFAIR, Twitter, FORTUNE

あわせて読みたい

powered by