瞬きするだけでフォーカスを変えるコンタクトレンズの研究で、また1歩SFな世界に

  • 7,251

  • author Andrew Liszewski - Gizmodo US
  • [原文]
  • そうこ
瞬きするだけでフォーカスを変えるコンタクトレンズの研究で、また1歩SFな世界に
Image: Kichigin/Shutterstock.com
画像はイメージです

うかつに瞬きできない!

コンタクトレンズとメガネ、毎日お世話になっています。現代では視力矯正治療もありますが、なんだかんんだいまだにコンタクト。でも、そのコンタクトがSFぽい進化を遂げようとしています。

カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究員が発表した論文「A Biomimetic Soft Lens Controlled by Electrooculographic Signal」は、次世代コンタクトレンズの研究開発について。瞬きするだけで遠くのもの、近くのものにフォーカスを変えてくれるコンタクトレンズですって。

190805_biomimetic_soft_lens_eog_1
Image: A Biomimetic Soft Lens Controlled by Electrooculographic Signal - Li - - Advanced Functional Materials - Wiley Online Library
まばたきをすると焦点距離が変わる

この次世代レンズの特徴は2つ。まず1つ目は、従来のコンタクトレンズとは異なり、人間の目の動きをコンタクト自身が模倣できること。目の有機組織の代わりに、コンタクトは伸縮性のあるポリマーフィルムの層が電流に応じてその構造を変化させます。例えば、レンズの層を広げたり、厚みを変えたりなど。こうすることで、目の前にあるものに焦点を合わせることができます。

190805_biomimetic_soft_lens_eog_2
Image: A Biomimetic Soft Lens Controlled by Electrooculographic Signal - Li - - Advanced Functional Materials - Wiley Online Library

より興味深いのは2つ目、コンタクトの動きを制御するその方法。装着している本人がボタンを押すなんて野暮なことではなく、人間の眼電位(EOG)によって行ないます。実はこの方法、体が自由に動かせない人が、目の動きで車椅子などのコントロールを行なうために使われており、電極を目の周りにくっつけて目の動きを追うことで信号を測定します。次世代コンタクトレンズでの応用は、たとえば下を見ると近くのものに焦点をあわせる、瞬きすると広く視野を設けるなど。目の向きや瞬きだけでなく、瞬きの回数も感知できるほど繊細なシステムなので、将来的には瞬き3回でズームインフォーカスなんてことも…。

190805_biomimetic_soft_lens_eog_3
Image: A Biomimetic Soft Lens Controlled by Electrooculographic Signal - Li - - Advanced Functional Materials - Wiley Online Library

ちなみに、現段階ではまだコンセプトなので、テストはまだ人間の目を想定した装置で行なわれています。なので、まずはこれを人間の目のサイズまで小型化するところからです。眼電位を測るために目の周辺に電極はりつけてますからね。電極貼り付けたままならば、ほとんどの人は従来のズームインしないコンタクトレンズを選ぶだろうし…。実用化への道はまだまだ長いけれど、コンタクトレンズにはこういう方向性もあるというSF世界を感じる研究の話でした。

Source: A Biomimetic Soft Lens Controlled by Electrooculographic Signal - Li - - Advanced Functional Materials - Wiley Online Library

    あわせて読みたい

    powered by