キヤノン「EOS 90D」ハンズオン:3000万画素超え!出し惜しみナシのAPS-C一眼レフ

  • 41,667

  • author ヤマダユウス型
キヤノン「EOS 90D」ハンズオン:3000万画素超え!出し惜しみナシのAPS-C一眼レフ
Photo: ギズモード・ジャパン編集部

メッセージもスペックもアツいッ。

ハイアマ人気の高い「EOS 7D Mark II」といえば、キヤノンAPS-C機のフラッグシップモデル。しかしその発売は2014年で、オールラウンダーなミドル2桁「EOS 80D」も2016年発売と、この層の刷新がここしばらくなかったキヤノンでした。

今回新たに発表されたAPS-C機の光学一眼レフカメラ「EOS 90D」は、そんなハイアマやプロサブをメインターゲットとしたモデルですが、それだけにあらず。キヤノンいわく、この子は「APS-C一眼レフの完成形」とのこと。完成形とな!

スペックを眺めるだけでうっとり

190822eos90d_02
Photo: ギズモード・ジャパン編集部

「EOS 80D」の後継には違いないのですが、まぁこのスペックの惜しんでないことと言ったら。画素数は約3250万画素。3000万画素超えのAPS-Cカメラは、これが世界初になります。連射はファインダー時10コマ、ライブビューAF固定で11コマ。メカ・電子先幕シャッターは最高1/8,000秒、電子シャッターで1/16,000秒と、すべてが80D超え。エンジンはDIGIC 8。

AEセンサーも新しくなり、ファインダーでも顔検出、顔優先AFが有効に。ミラーレスの感覚だとピンと来ないかもですけど、光学ファインダーを見ながら顔認識が効くのって、なんか不思議な感覚でした。ファインダーだからカクつきもないしくっきり映るし、これは良い。気持ちが良い。

ハイエンド機に近づいた操作感

190822eos90d_05
Photo: ギズモード・ジャパン編集部

本体も眺めていきましょうか。重量は80Dよりも20g軽い、約701g。グリップ感はとてもよく、深めのシボは指先にグッと食いついてくれます。

190822eos90d_04
Photo: ギズモード・ジャパン編集部
190822eos90d_03
Photo: ギズモード・ジャパン編集部

ユーザーからの要望も多かったという、独立型のマルチコントローラーを搭載し、従来のコントローラーと合わせて2つのマルチコントローラーを装備。ファインダーを見ながら測距点を動かすような、光学カメラ的な使い心地に貢献してくれます。

190822eos90d_11
Photo: ギズモード・ジャパン編集部

こんな風に、モニターを見ながら測距点を動かすのにも良し。キヤノンがバリアングルモニター付きEOS一眼レフにこのマルチコントローラーを搭載したのは初めて

190822eos90d_08
Photo: ギズモード・ジャパン編集部

シャッターといえば、シャッターボタンにもこだわりが。上位機種と同じ機構を採用していて、半押しと全押しで圧力が変化し、半押し状態を維持しても余分な力がかかりません。すなわち連射向き、動体性能高し、と。

ほかには1点AFよりも狭い範囲で測距するスポット一点AF、最大25,600のISO感度、4K30pの動画撮影なども完備。4K動画はクロップありなしの選択が可能で、寄りたい時と引きたいときとで柔軟な選択が可能です。Bluetooth通信にも対応し、スマホとのデータやり取りもパワーアップ。

190822eos90d_07
Photo: ギズモード・ジャパン編集部
スロットはシングル、UHS-II対応

190822eos90d_06
Photo: ギズモード・ジャパン編集部
マイク、ヘッドフォン端子。USBは残念ながらMicro USBです。

190822eos90d_10
Photo: ギズモード・ジャパン編集部
バッテリーグリップは80Dと同じBG-E14が使えます。

190822eos90d_13
Photo: ギズモード・ジャパン編集部
本体のバッテリーはLP-E6N


縦位置グリップや音声入出力端子などももちろん健在。欲しいものはだいたい揃っていますが、SDカードスロットはシングルです。

惜しまないで作られた、APS-C機の完成形

前モデルの80Dどころか、イメージモンスター7D Mark IIをも超える、まさにAPS-Cの完成形にふさわしい性能じゃあないですか? 昨今はフルサイズやミラーレスが盛り上がってますが、APS-Cはフルサイズの下位互換ではなく、光学ファインダーだからこそ撮れるものがある。キヤノン的にも、そうしたメッセージを発信したいと発表会で述べていました。アツい。

190822eos90d_12
Photo: ギズモード・ジャパン編集部

個人的には、この時代に光学ファインダーの新型機が出ることがまず嬉しいですね。しかも、ちゃんと性能を突き詰めてくれてる。じかに被写体を見るという光学ファインダーのメリットは尊重しつつ、連射やAFといったミラーレスに軍配が上がりがちな部分は技術で引き上げていく

2019年に生まれた光学ファインダーのカメラとしても、バッキバキに仕上げてきた1台だと感じました。もちろん「これでフルサイズなら…!」と思う人の気持ちもわかるとして。でも3000万画素ですよ? 画質的な不満とかもうないっすよ。うへぁー。

その他のスペックや価格、発売日は以下にまとめました。光学ファインダーで見える世界が、ここまで撮れる。やってくれましたよキヤノン氏。

7D Mark II90D80D
映像エンジンDIGIC 6DIGIC 8DIGIC 6
有効画素数約2020万画素約3250万画素約2420万画素
ファインダーAFクロス測距点最大65点、顔AFありオールクロス45点
顔AFあり
オールクロス45点
顔AFなし
ライブビューAFデュアルピクセルCMOS AFデュアルピクセルCMOS AF
AFエリア分割数 最大143点
デュアルピクセルCMOS AF
AFエリア分割数 最大35点
常用最高ISO感度
(静止画)
ISO 16000 (最大拡張ISO 51200相当)ISO 25600 (最大拡張ISO 51200相当)ISO 16000 (最大拡張ISO 25600相当)
連写最高約10コマ/秒最高約10コマ/秒(ファインダー、AF固定/追従)
最高約11コマ/秒(ライブビュー、AF固定)
最高約7コマ/秒(ライブビュー、AF追従)
最高約7コマ/秒(ファインダー、AF固定/追従)
最高約7コマ/秒(ライブビュー、AF固定)
最高約5コマ/秒(ライブビュー、AF追従)
最高シャッター速度1/8000秒1/8000秒(メカ/電子先幕)、1/16000(電子)1/8000秒(メカ)
モニター3.0型 約104万ドット3.0型 約104万ドット
バリアングル
3.0型 約104万ドット
バリアングル
動画Full HD 60p/50p4K 30p/25p
クロップ有無を選択可
Full HD 60p/50p
サイズ、重量約148.6x112.4x78.2mm、910g約140.7x104.8x76.8mm、701g約139.0x105.2x78.5mm、730g
マルチコントローラー1つ2つ1つ

発売日:2019年9月中旬発売予定

価格

・ボディ 約15万円

・18-135mmキット 約19万7500円

キヤノン「EOS M6 Mark II」ハンズオン:This is 快楽のシャッター

理性にも感情にも訴えてくるカメラでした。「EOS 90D」と一緒に発表されたのが、この「EOS M6 Mark II」。2017年リリースの「EO...

https://www.gizmodo.jp/2019/08/eos-m6-mark-ii.html

2019年08月28日 15:05 訂正: 7D Mark IIのファインダー顔AFが「あり」のところを「なし」と誤記がありました。訂正いたします。

Source: キヤノン

APS-C 一眼レフ EOS 90D ほしい?

  • 0
  • 0
キヤノン

    あわせて読みたい

    powered by