時間が無限に欲しい。ディズニーがDisney+とHuluとESPN+合わせて月額13ドルのプランを発表

  • 8,159

  • author 岡本玄介
時間が無限に欲しい。ディズニーがDisney+とHuluとESPN+合わせて月額13ドルのプランを発表
Image: Drew Angerer/Getty Images News/ゲッティ イメージズ

すでに映像配信も抱き合わせで売る時代到来?

ディズニーの短編、長編アニメだけでなくピクサー、マーベル、『スター・ウォーズ』、ナショナル・ジオグラフィックの関連シリーズも見られるDisney+。これにHuluESPN+合わせて3つの配信サービスが月額12.99ドル(約1,400円)で提供されることが発表された、とThe Vergeが伝えています。

どれくらいお得なのか

本来それぞれのサービスは個別に契約をする必要があり、Disney+は月額6.99ドル、Huluは5.99ドル(広告付き)、ESPN+は4.99ドルなので合計で17.97ドル(約1,900円)となっています。ですが3つセットのバンドル版になると、17.97-12.99=4.98なので、ほぼESPN+がタダになる計算になります。

これはスポーツに特化したESPN+を持っていたディズニーが、5月にHuluを買収したことで実現しました。Huluは独自のコンテンツ配信でも知られ、ESPNはケーブルテレビ時代からの不動の人気を誇るチャンネル。3つの配信内容に興味を持っていれば超お得ですし、どれかふたつを見たい場合でも、せっかくなのでバンドル版にしようかなって思っちゃいますよね。

複数プランはあるの?

ちなみにこういうときによく比較されるNetflixでは、視聴できる台数と画質で料金プランが変わるシステムを導入しています。ですがこの3種盛りだとそういうプランはどうなのか? 言及はないようですが、いざ比べてみると気になるユーザーも出てくるかもしれません。

配信サービスの筆頭であるNetflixには別のサービスがないので、このバンドル版の登場で鞍替えする人たちが現れ、ますます会員数が減少してしまう可能性もなくはないかもしれませんね。

スタートは11月12日

まずは米国内にて2019年11月12日からサービスが開始されますが、国によってはHuluが利用できない、そしてESPNも国によってスポーツのライセンス契約が異なる、というところもあるので、その他の国々でもバンドル版が利用できるのかは、まだわかりません。


にしても、配信サービスひとつでもけっこうお腹いっぱいなのに、3つもあったら時間がいくらあっても足らなくなりますね。20世紀フォックスも買収したディズニー、そのうちエンタメ界すべてを飲み込みそうな気がしてきます。

8月8日 0:33訂正:一部表記に誤りがあったため修正しました。

Source: The Verge

あわせて読みたい

powered by