Disney+で『ホームアローン』や『ナイトミュージアム』がリブートとして復活!?

  • author 岡本玄介
Disney+で『ホームアローン』や『ナイトミュージアム』がリブートとして復活!?
Image: 20th Century fox

かつて大人気だったシリーズが、続編ではなくリブート!?

マーベル、ルーカスフィルム、20世紀フォックスを傘下に入れたディズニー。MCUは拡大を続け、『スター・ウォーズ』もまだまだ現役でいずれも超ドル箱ですし、加えて最近はディズニーも過去のアニメーションを実写化して波に乗っていますよね。

続編じゃなくてリブート

そんな中、今度は20世紀フォックスが築いてきた名作コメディーの『ホーム・アローン』『ナイト ミュージアム』、それと日本では未公開の『グレッグのダメ日記』の、リブート作品を作ろうという計画が明らかになった、とgeek tyrantが報じています。

これはエンターテイメントのジャーナリスト、アシュリー・カーターさんが、ディズニーのボブ・アイガーCEOの言葉をツイートしたもの。

CEOのボブ・アイガーが『ホーム・アローン』、『ナイト ミュージアム』、『グレッグのダメ日記』をDisney+のために「新しく想像する」んだって。私、正しく聞こえたのかしら?

けっこう最近まで続編が作られていた名作たち

なるほど、『ホーム・アローン』はマコーレー・カルキンが2作出たものの、実は別の子役で5作目まで作られており、しかも最新作は2015年と割と最近だったりします。そして『ナイト ミュージアム』も人気シリーズで、2006年から2014年までに3作が。児童書シリーズが原作の『グレッグのダメ日記』もまた、2010年から2017年までに4度映画化されているんですよね。

配信用なら腑に落ちる気がする

なのでこれらがリブートされてまた銀幕に戻ってくることも、ディズニーならやり遂げてしまいそうですが……Disney+配信用ということなら、劇場用ほど予算をかけずに、また別のキャストを使ってコンテンツを増やすのにピッタリかと思われますし、往年のファンがこれらの知名度にピンと来て、「ちょっと見てみるか」となることでしょう。オマケに過去の主人公や登場人物らがカメオ出演したら、ニヤリとさせられますよね。

フォックス系は過去作の焼き直しになる?

ディズニーのフォックス買収から、どんな作品が作られるのかと期待していましたが、過去の人気作を配信用に焼き直すというのは、またひとつの戦略ですよね。どの作品も面白ければそれに越したことはないので、ディズニーを信じて期待するとしましょう!

Source:Twitter via geek tyrant

    あわせて読みたい

    powered by