電子タバコと発作の関連性、米当局が調査中

  • 9,243

電子タバコと発作の関連性、米当局が調査中
Image: Justin Sullivan / ゲッティイメージズ

まだ明確にはなっていないようですが…。

電子タバコ、すっかり日本でも普及してきましたよね? なんとなく普通のタバコより安全なイメージとかもあるみたいですけど、まだ電子タバコの本当の危険は明らかになっていないだけだという見解もあるようです。

やや心配なのは、このほど米食品医薬品局(FDA)が、追跡レポートを発表した、電子タバコと発作との関連性を調査しているとの報告です。どうやら続々と、電子タバコを吸って発作が出たというユーザーからの発症例が集まってきているらしいんですよ。

もともとはFDAは今年に入って、2010年から2019年までに、電子タバコを吸った後に発作が出たという35件のケースを、慎重に調査していると明かしていました。そして、こうした症例について知っている人あるいは経験した人からの情報提供を求めていたのですが、この数か月間で一気に100件近い報告が集まってきたため、事態を重く見て今回の追加発表を実施。

電子タバコユーザー全体からみると、ほんのわずかな症例件数に過ぎないものの、引き続きさらなる情報の提供が呼びかけられていますよ。

電子タバコが、確かに報告された症例を引き起こしていると結論づけるためには、まだ情報不足している。しかしながら、今年に入って呼びかけた情報提供に対して、どれほどの反響があったかを公表するのは大切だと感じた。呼びかけに応じてくれた人々に謝意を表するとともに、新たな情報や追加の詳細な報告が提供されるよう、より幅広くお願いしていきたい。

FDAのNed Sharpless長官代理は、こんなふうに語っています。

これまでの情報では、電子タバコを吸う前は発作など起きたことがなかったという人が大半を占めたほか、発作の種類は、手足の震えから気絶まで多岐におよんでいるそうですね。なお、発作が生じた一部の電子タバコユーザーは、アンフェタミンやマリファナも吸っていたことを認めています。

報告件数の短期間での増加は、そもそも最初から報告されていなかったものが集まってきたにすぎず、これがただちに危険な症例の増加を意味するわけではないものの、呼びかけに応じて急速に報告が集まっている事態は軽視すべきでないとの見方も表明されていますよ。

従来のタバコよりは安全というイメージから、若者の間で広く支持されつつあるベイプ。ただその安全性は、どこまで本当に信じられるのか、FDAとしては、今回の調査案件も含め、知られざる電子タバコの害を早期に解明し、必要であれば、若者の健康を守るために行動を起こさねばならないとも考えているんだとか。今後の調査の進展から目が離せませんね。

Source: FDA

    あわせて読みたい

    powered by