レイのライトセーバーが完全に折りたたみガジェットな件

  • 18,475

レイのライトセーバーが完全に折りたたみガジェットな件
Image: Disney

言われてみれば、確かにカタログ・ショッピングに載ってそう。

米Gizmodo編集部がD23エキスポで見てきた『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の新映像。記事の公開当時は映像が公開されていませんでしたが、あれから1日で公開されました。

話題のシーンは1:45から。
Video: Star Wars/YouTube

ほぼほぼ、文字で説明されていた通りでしたが、ダークサイドに堕ちたレイの姿はいろいろと衝撃的でしたね。映像で見て、特にハッキリしたのは、シスの特徴である赤いライトセーバーが二つ折りで、広げるとダース・モールのダブル=ブレードそっくりになるところでした。元々レイは長い棒を携帯していたので、使い勝手が良いのかもしれません。

ガジェット味が強い

しかしこれ、中韓のメーカーが凌ぎを削っている折りたたみ式スマホじゃないの? って結び付けた人はどれほどいるでしょうか? なんだかSamsungが来月に出すであろう、「Galaxy Fold」をライトセーバーにでもしたかのよう。…いや、そんなことはありませんね。ですが折りたたみ式の流行がシスにもやって来たのはご覧の通りです。もしスマホ界の流行を知らなければ、レイのライトセーバーは「なんじゃこりゃ?」って感じるかもしれません。

二つ折りは衝撃に弱い

レイが音叉をセーバーとして使っていることを考慮すると、蝶番が明らかな弱点だと思いませんか? ここは武器が極端な力を受けたとき、最初に負担が集約し、壊れる可能性が高い箇所ではないかと考えられます。そうでなければ、セーバーを出したまま開閉したときに、自らの手脚を切り落としてしまうことだってあるでしょう。

位置付けはどこか?

この蝶番には、どれほどの効果が期待できるのでしょうか? もしかしたらシス界における、巨大ヌンチャク三節棍みたいな位置付けで生み出されたのでしょうか? ヌンチャクはブルース・リーの絶大な影響でクールな武器ですし、カンフー映画を見た人なら、三節棍もかなり使える武器なのはご存知の通り(でもライトセーバーで同じことすると指や手が飛んでっちゃいますけどね)。

実は斬新なものではなかった

このライトセーバーには目新しい蝶番が付いているものの、以前に見られたものに似ています。編集部のウィットブルックは、これを見るなりアニメ版『クローン・ウォーズ』に出ていたポング・クレルが、折りたたみ式の二刀流の使い手だったことを指摘しました。

Video: Harleen Quinzel/YouTube

映像ではわかりませんし、劇中でも今回のレイのように開閉に焦点を当てたシーンはありませんでした。ですがクレルは一度だけ、折りたたんだまま片側のセーバーだけを伸ばしたことがあり、ここで彼のライトセーバーが二つ折りだったことがわかります。

Video: Voca Productions/YouTube

わざわざ開いてみせたレイのセイバーのほうが、ガジェット味があるかもしれませんね。

また『スター・ウォーズ 反乱者たち』でも、テンプル・ガードたちが二つ折りを使う描写がある、とcomicbook/starwarsが指摘しています。

Video: Brian Buchanan/YouTube

ということで、ライトセーバーがガジェットの如く二つ折りになるのは、過去に例があるわけです。映画の小道具として、最初のライトセーバーは古いカメラの部品で組み立てていますし、以降はガンタッカーやバイブレーターなど工業デザイン製品から拝借して作られています(パルパティーンの真っ直ぐなセーバーは大人のおもちゃみたいです)。

先祖はガラケーか?

米Gizmodoはルーカスフィルムに、レイのダブル=ブレードは「Galaxy Fold」のようなデバイスに触発されたのかどうか、現在お尋ね中です。そして今後の情報でもっと知ることが出来るでしょう。

しかし映画の小道具製作の説明がなくとも、この赤いライトセーバーは大きくて壊れやすいスマホや、まだ日の目を見ていない折りたたみ式タブレット、それに実現しないであろうデュアル・スクリーンのノートPCと同じ概念から来ているのは明らかです。

カタログ・ショッピングのヘンテコ発明品を思い出す

やり過ぎなほど複雑なガジェットはクールなものです。きっとどこかの誰かが、「Galaxy Fold」を欲しがることでしょう。でもギズモード・ジャパンの読者であれば、欲しくなっているか、少なくとも気にはなっていることと思われます。

折りたたみ式スマホなど、ちょっと間の抜けたガジェットには喜びがありますよね。複雑さの中に古風な趣を感じ、メカ好きの人を笑顔にさせてくれます。

レイの二つ折りは、飛行機内のカタログ・ショッピング「スカイモール」で見かけるヘンテコ発明品を思い出させてくれます。同じようにシャーパーイメージ社も、ガジェットを好きにさせる魔力を持っています。なのでレイのライトセーバーには、最低でも電卓が組み込まれていないと、正直ガッカリしそうです。もしMP3プレイヤーも兼ねていたらベターなんですけどね。

Source: YouTube (1, 2, 3, 4, 5) , WOOKIEEPEDIA, comicbook/starwars

あわせて読みたい

powered by