五輪プール6000個ぶんの軽石が太平洋に出現、豪に接近中

  • 38,725

  • author Robin George Andrews - Gizmodo US
  • [原文]
  • satomi
五輪プール6000個ぶんの軽石が太平洋に出現、豪に接近中
Image: Joshua Stevens/NASA Earth Observatory

8月上旬、太平洋を航行中の漁船が世にも奇妙な光景に出くわしました。

青い海に突如現れた茶色。それは陸のようでもありますが、カラコロ音を立てて蠢き、近くに寄ると鼻が曲がるような異臭を漂わせています。よく見ると軽石の集合体で、1個1個は人間の頭ほどの大きさ。それがサンフランシスコ1個ぶん余りの面積を覆っていたのであります!

ミシガン工科大学Simon Carn教授(火山が専門)が、さっそくトンガ現地の模様をツイートしていますよ。

名無し火山

これだけの軽石が吐き出されたのです。相当大きな火山活動が起こったことは確か。ただ、どの山なのかは海底なのでわかりません。 やっと衛星から観測して初めて辿り着いた出元は、海底火山「名無し」(スミソニアン博物館の正式名称)。

場所はトンガ諸島で、2001年にもミニ版の軽石いかだを世に出した火山です。「1回は、まあ、ある。2回だと、さすがに名前つけたほうがいい気がする」と、豪クイーンズランド工科大学地学研究者のScott Bryanさんもスミソニアンに注文をつけてましたよ。

見た目ほどの実害はない

軽石いかだは豪東海岸に向かって移動中で、途中いくつかの島を経由します。港も湾も軽石で溢れかえることが予想されます。スミソニアン博物館国際火山研究プログラムで火山データベースを管理しているEd Venzkeさんに話を聞いてみたら、水際という水際は警戒が必要とのこと。域内ボートも無縁ではなく、早くも現地からは

「トイレに軽石が逆流したという通報も約1件あがっている」

と言っています。まあ、内陸は特に被害はなさそうですけどね。

軽石は生き物の箱舟

火山爆発というと世の中が終わるイメージがしますが、メリットもあり、これで助かる生き物もいるのだと、同国際火山研究プログラムのJanine Krippnerさんは話しています。海藻や軟体動物にとっては巨大な母艦が出現したようなもの。すわっと飛びついて陸を目指します。日本の津波のときも、漂流船や瓦礫に乗って米西海岸に漂着した外来種は300種近くにのぼるとされますもんね。

発生日

Venzkeさん曰く、名無しの海底火山の爆発日はまだはっきりとはわかっていませんが、8月7日以降に火山活動が活発化した様子が観測された模様です。ボートが軽石いかだに遭遇したのはその数日後。タスマニア大学の火山学者、Rebecca Careyさんによると、最近衛星観測が開始した地域で1日数回は撮影しているので、それを見れば大体のことはわかるのだと言います。

サイズ

Bryanさんによると、最初はちっちゃく固まっていて、あるボートの目撃情報では、厚さ30cm、一周32~64kmぐらいだったんですが、だんだん薄くなって、150平方kmに広まったようです。灰まで含めたらその3倍の広さ。船の乗組員と衛星からの情報を総合すると、体積は5億3000万立方フィート(15007928693.8リットル)とBryanさんは見ており、オリンピックのプール6,000個以上に相当します。過去歴々の巨大火山爆発に比べても遜色ない数字です。ちなみに同様の海底火山としては、2012年にニュージーランド北部の沖合で起こったHavre火山爆発が記憶に新しいところ。今世紀最大の火山爆発としてニュースにもなりました。あのときの軽石いかだで、400平方km。

まあ、今回は割とリアルタイムで観測できているってところが新材料ですね。なんか、上空に雲まで発達してますよ? 軽石はすぐ冷えるので、たぶん蒸気じゃないとCareyさん。面白いなー。

名無しの海底火山が出元というのは、衛星の観測と地震活動から得た推測です。ここは2007年のソナー観測で海底60mにも満たないところに見つかった火山で、Tonga-Kermadec火山帯に属し、ニュージーランド北島の東部からトンガ諸島まで2800km続く海溝にあって、太平洋とオーストラリアのプレートがぶつかり合う地点。この一帯は1970年からいかだ撃情報多発地域であります。つまりは、名無しもHavreの親戚ちゃんということに。

軽石いかだの今後

さて、気になるのは軽石島の進路ですが、オーストラリアを一路目指して進行中で、 フィジー、バヌアツ、ニューカレドニアを回って、だいたい2021年4月までにはクイーンズランドの沖合に到着する予定です。もうその頃には、今みたいな姿じゃなくて、だれも気付かなくなってるそうですけどね。

「今は文字通り1兆個ぶんぐらいの軽石の集合体ですが、それぞれに生き物が住み着きますからね。1個1個の軽石がちっちゃな島みたいなもんですよ」(Bryanさん)

数百万匹の軟体動物、数十億匹規模のフジツボとコケムシ、ありえない数の藻がクイーンズランドに漂流することになります。島や珊瑚礁を通過するのは11月下旬で、ちょうど珊瑚の産卵期。 白化の歯止めになるって言われてますよ。がんばれ軽石いかだ!

    あわせて読みたい

    powered by