レトロ・フューチャリスティックさが逆に新鮮。Google Home内蔵の冷蔵庫/コーヒーテーブル「Coosno」

  • author 岡本玄介
レトロ・フューチャリスティックさが逆に新鮮。Google Home内蔵の冷蔵庫/コーヒーテーブル「Coosno」
Image: INDIEGOGO

50~60年代のSF映画にでてきそう。

Fresh Gadgetsによると、現在INDIEGOGOでスマート・コーヒーテーブル「Coosno」が出資金を募っています。あるとモノ凄く重宝しそうな上、妙なレトロ・フューチャリスティックさが逆に新鮮ですね。

Video: O Gadget/YouTube

自動で上下に開閉したその中は冷蔵庫Google Home内蔵で音声コマンドに対応するだけでなく、極彩色のLEDが音楽に合わせて光るワイヤレス・スピーカーでもあり、無線充電機と、収納された電源タップにUSB 3.0、それに3.5mmのスピーカー用ジャックも内蔵しているので、ワークデスクとしても使えます。ついでに専用アプリからLEDのカスタマイズも自在にできてしまう超多機能っぷり。

2色×2サイズ

最下段が収納棚にもなっているこの「Coosno」。これには灰色の2色が用意され、さらには用途に応じたサイズ違いの2種類が作られています。

ひとつは大容量で68本の缶及び75本の容器入り飲料水を収容できる「Coosno Bar」で、もうひとつは高さも幅も小さくなり、32本の缶及び38本の容器入り飲料水をしまえる「Coosno Home」です。

190729_coosno2
Image: INDIEGOGO

大人気です

気になるお値段は、早期便の「Coosno Bar」が約4万5500円、「Coosno Home」が約3万5700円と、「グッときたらアリ」な価格となっています。この便利さがウケているのか、それともデザインが人々をトキメかせているのか、執筆時にはおよそ108万円の目標額を1660%も超え、382人の出資者から約1800万円が支援されていました。

もうGoogle Homeを導入するのなら、いっそのこと巨大だけど超多機能なこのコーヒーテーブルで済ませてしまったほうが、あとあと便利なのでは? 配送は2020年2月、世界中に送ってくれますよ!

そんなCoosno、欲しくなりましたか?

Source: YouTube, INDIEGOGO via Fresh Gadgets

Coosno ほしい?

  • 0
  • 0
INDIEGOGO

    あわせて読みたい

    powered by