「α6600」「α6100」ハンズオン:動画でもキミの瞳を捉えて離さないAPS-C

  • 9,542

  • author 武者良太
「α6600」「α6100」ハンズオン:動画でもキミの瞳を捉えて離さないAPS-C
Photo: Ryo.Oguchi

写真ならニャンコとワンコの瞳もね!

ジャパンでも「α6600」「α6100」が発表されましたよ。α6600はα6xxxシリーズの集大成となるフラッグシップ機。α6100は最新世代のベーシックモデル。見た目はほとんど同じですけど、握って、シャッターを切ってみると明らかに違う存在でした。

もー、最初に書く。僕が買うならα6600。市場想定価格が16万円となかなかなプライスですけど、こっち。触るまでは9万円で買えそうなα6100でいいかもなーと思ってたんですけどね。センサーそのものは一緒で、同じ条件なら同じ写真が撮れるっていうし。

α9の着実性能+α7R IVの握りのよさ=最高

IMG_9031
Photo: 武者良太

バッテリー1つで長時間の撮影を可能とするべく、NP-FZ100のバッテリーを採用。それにともないバッテリー室が広くなる→グリップが大きくなるのコンボを決めて、めっちゃくっちゃ握りやすくなりました。これだよ! 求めていたのは!

IMG_9040
Photo: 武者良太

シャッターボタンの角度を見るに、α7R IVのグリップと同じ着想で作られたっぽい。いいことです。いいコトすぎます。

DSC00525
Photo: 武者良太

フルサイズαやα6500と同じく、マグネシウム合金をふんだんに使ったボディ&フレームも素敵。天板とかさすりたくなります。壊れなさそう、安心できるボディなんですよね。

センサーはα6400と同じ、ということは、α9のAFアルゴリズムを使ったものとなります。確かにAFの食いつきがいい! 合従速度もスピーディで気持ちいい。画像エンジンも最新世代となり、メニュー操作からして速い。

IMG_9049
Photo: 武者良太

ファインダーも見やすいし、タッチシャッターなどの機能も搭載されたし、撮りたいって気持ちのアクセルを底まで踏み込みたくなるαですよこれは。

リアルタイム瞳AF、動画でも使えるようになりました

IMG_8958
Photo: 武者良太

近年のソニーデジカメのトレンドであるリアルタイム瞳AFですが、動画でも使えるようになりましたよ。動物の瞳AFは写真撮影時のみなのが残念ですが、ソニーはファームウェアで機能を大幅にアップデートしてくることがあるので、いつか搭載されるかもという期待はしたくなっちゃいます。

マイク端子だけではなく、イヤホン端子まで装備しているのも、なるほど。動画における音声クオリティが求められている現在、マイクのボリュームをイヤホンで確認しながら撮れるってのは大事なポイントです。音声を別録りしなくてもいいんだもんコイツ。

コンパクトで機動力の高いムービーカメラとしてもイケますね。

APS-C用の本気レンズを出してきたのも惚れるポイント

DSC00491
Photo: 武者良太

同時にAPS-C用のGレンズも2本発表されました。手前が手ぶれ補正付きの望遠ズームE 70-350mm F4.5-6.3 G OSS(10万9000円)。奥が広角-標準ズームのE 16-55mm F2.8G(15万3000円)です。

E 16-55mm F2.8Gは大三元級のF2.8通しズームですが、APS-C用だから494gと軽いのがステキ。強力な瞳AFと合わせて、ポートレートスナップがはかどりそうじゃないですか。

IMG_9023
Photo: 武者良太

E 70-350mm F4.5-6.3 G OSSも625gと軽いんです。α6600と足して1.1kgちょいのフルサイズ換算105-525mm。

あれっ。RX10IVの置き換え、できちゃう!? しかもボディとレンズ、両方の手振れ補正機能を連携させるというじゃないですか。実際にレンズ付けてファインダーをのぞいてみたら、525mmの望遠域とは思えないくらい安定している。うっわ、楽しい。

α6100のコスパがいいと思ったけどα6400の最安値ったら

DSC00481
Photo: 武者良太

前述しましたが、α6100のお値段は9万円くらい。この価格でα6400とほぼ同等のスペックが手に入るのはお買い得だなあ。

と思ってたら。α6400の最安値がいつのまにか9万円を切ってる!!!

α6400の方がファインダーは綺麗だし、4K HDRも撮れるし、いますぐ買える。申し訳ない。個人的見解だけどα6100の目はしばらくはないかな...。

軽量望遠システムがお好みなら11月1日のα6600を待て!

DSC00522
Photo: 武者良太

α6600とα6100の価格差はかなりあります。でも持って楽しく、嬉しく、写真や動画に接する時間が長くなりそうなのはα6600にキマリ。これはもう仕方ない。だってα7IIIと比較しても、α6600の方がいいんじゃないかって思えますもん。画質は比較してないですけどね。持った感じが、いい。

ただ極力軽いシステムで行きたいなら、α6100に軍配が上がります。α6400より軽い396gで、コイツにパンケーキ単焦点つけてのストリートスナップは楽しいでしょうとも。

なお発売日はα6600が11月1日。α6100が10月25日となります。皆さんはどうする? どっち行っちゃう?

Source: ソニー

α6600 ほしい?

  • 0
  • 0
SONY

    あわせて読みたい

    powered by