Huaweiがオープンソースな「ハーモニーOS」発表! スマホから自動車まで対応

  • 20,173

  • author 塚本直樹
Huaweiがオープンソースな「ハーモニーOS」発表! スマホから自動車まで対応
Image: Android Authority

反撃の狼煙か。

貿易戦争真っ只中の中国Huawei(ファーウェイ)が、オープンソースな独自OS「HarmonyOS」を開発者向け会議にて発表しました!

Huaweiによれば、HarmonyOSは「初のマイクロカーネルベースの多用途向けOS」とのこと。スマートフォン、タブレット、スマートスピーカー、スマートウォッチ、ワイヤレスイヤホン、自動車など、多様なデバイスで利用可能。RAMサイズはキロバイトクラスからギガバイトクラスまで想定されています。

HarmonyOSのアプリをビルドするARKコンパイラはKotlin、Java、Javascript、C、C++をサポート。そして将来的には、HTML5やLinux、Androidアプリなどのさまざまなアプリとの互換性を持つことが期待できます。

イベントにて登壇したHuaweiのCEOことRichard Yu氏は、「HarmonyOSはいつでもAndroid OSと置き換えられる」と発言。ただし、当面はHuaweiのスマートフォンにはAndroid OSを利用するそうです。

なお、HarmonyOSを搭載した初めてのデバイスはTVセット「Honor Vision TV」となり、中国で明日発売されます。アメリカ(トランプ大統領)にいじめられるだけでは終わらないという、Huaweiの意地を感じますね!

Source: Android Authority
Reference: Wikipedia

    あわせて読みたい

    powered by