40MPカメラ2つって...Huawei 「Mate 30 Pro」のカメラが何やらすごそう

  • 8,139

  • author 岡本玄介
40MPカメラ2つって...Huawei 「Mate 30 Pro」のカメラが何やらすごそう
Image: @ichangezone

40MPで何を撮る?

今年の下半期もHuaweiから登場すると思われる新しいスマートフォン。LETSGO DIGITALいわく、そのラインナップは「Mate 30」と「Mate 30 Pro」に加えて、廉価モデルの「Mate 30 Lite」が期待されている、と伝えています。

ここで注目はMate 30 Pro。なんと全部で4つあるとされる背面カメラのうちの2つ40MPのカメラだというところです。

40MPのシネレンズ

40MPのひとつはシネレンズで、もうひとつは超広角シネレンズとのこと。動画撮影に適したレンズということなのでしょうか? Gizchinaによりますと、Huaweiは欧州連合知的財産庁にて「Cine-Lens」と「Camera Matrix」の商標登録を出願したことが報じられています。「Camera Matrix」については不明ですが、おそらく4つのカメラの四角い配置のことではないか? と予想されています。

それを示すリーク情報がこちらです。

4つのうち、ひとつ目はF1.6 - F1.4の可変絞りを備えた40MPの1/1.5インチRYYBセンサー内蔵カメラで、動画撮影用シネレンズがこれになるだろうとのこと。ふたつ目は40MP 1/1.7インチで120度の超広角シネレンズ、3つ目は光学5倍ズームの8MPレンズで、4つ目はもしかしたら三次元情報の計測に特化したToF 3Dカメラではないか? とLETSGO DIGITALが推測しています。

「Huawei Mate 30 Pro」は10月に発売される予定とのこと。4つのカメラでどんな写真や動画を撮るのか、試してみたいものですね。

Source: LETSGO DIGITAL, Twitter via Gizchina (1, 2)

あわせて読みたい

powered by