ISSの司令官席に座るロシア製ヒューマノイド。筋トレ、自動車運転、DIY工作もできるぞ!

  • author 岡本玄介
ISSの司令官席に座るロシア製ヒューマノイド。筋トレ、自動車運転、DIY工作もできるぞ!
Image: facebook via designboom

ドリルで穴を空けるのが得意。

8月22日、ロシアの国営宇宙開発企業ロスコスモスが、ヒト型ロボットの「Skybot F-850」国際宇宙ステーション(ISS)に送り届ける予定なのだそうです。

かつては「FEDOR」と呼ばれていたヒューマノイドですが、彼は筋トレ、自動車運転、DIY工作が得意。designboomいわく、中身はAI搭載とあって社交的でユーモアのセンスもバッチリとのこと。そして「アバターモード」にすると、外骨格のようなコントローラーを着た人間が遠隔操作をすることも可能です。

Video: Российские инновации/YouTube

ロシア製のロボットいうと、実は中身は人間だった「ボリス」というのがいましたが、このロボットは100%機械の身体のようです。

ロボット司令官誕生

ロスコスモスの発表によりますと、この「Skybot F-850」はISSにて、司令官の椅子に座ることになるのだそうな。ロケット打ち上げ時には飛行パラメーターと観測イベントを報告し、ISSに到着後には宇宙飛行士たちとコミュニケーションを取りつつ、自律モードで専門的なサポートを提供するのです。

「FEDOR」のときより部品や制御システムなどが大幅に更新されており、宇宙での活動に求められる機器の動作条件と高い要件に密接に関連している、ともあります。

かつてISSには、NASAが作った「ロボノート2」や、球体型相棒ロボット「CIMON」君がやって来たことがありましたが……気分屋でヘソ曲がりの困ったちゃんだったんですよね。続報は聞きませんが、F-850と一緒に物置で貴重なスペースを占領しそうな気がしてなりません。

射撃も出来るぞ

ちなみに「FEDOR」時代は、2丁拳銃で射撃の腕前を披露したこともありました。さすがロシアといったところでしょうか。

Video: Российские инновации/YouTube

ISSに拳銃はないと思いますが、もしドリルを持たせたら、またISSの壁に穴を空けかねません。ともあれ、ISS到着後の活躍に期待しましょう。

Source: YouTube (1, 2), ROSCOSMOS via designboom, NASA, facebook, The Politics Forums

    あわせて読みたい

    powered by