ミんなキあヌになル。ディープフェイクがキアヌ・リーブスで『セサミ・ストリート』を大侵食

  • 5,039

  • author 岡本玄介
ミんなキあヌになル。ディープフェイクがキアヌ・リーブスで『セサミ・ストリート』を大侵食
Image: DrFakenstein/YouTube

ヤバい、これ何てマトリックス?

AIに画像や映像をたくさんディープ・ラーニングさせ、自動的に人の顔を他人のものにすげ替えてしまう「ディープ・フェイク」

かつてはハリウッド女優エイミー・アダムスの顔がニコラス・ケイジにスワッピングされたり、ジェニファー・ローレンスを、個性派俳優スティーヴ・ブシェミの顔にしてしまったもの、それに無邪気な赤ちゃんをイーロン・マスクにしてしまった不気味の谷動画などもありました。

ミんなキあヌになル

そしてまた、不気味の谷真っ逆さまなディープ・フェイク動画が爆誕。

今度は『セサミ・ストリート』に出演している子どもたちが、最近特にアツいキアヌ・リーブスになってしまいました。

bOinGbOinGが取り挙げた動画をどうぞ。

Video: DrFakenstein/YouTube

真ん中の老婆、マヤ・アンジェロウがオラクルに見えてくる不思議。何度見ても、のキモカワいさに笑いが止まりません。これこそがザイオンを救うネオの力なのでしょう。「遠い未来、みんなはキアヌになる」というのは、このことを暗示していたに違いありません。

ちなみにですが、もともと子どもたちはこんな顔をしていました。ディープ・フェイクがどれほどの仕事をしたのか、比較してみてください。

Video: Sesame Street/YouTube

もちろん真面目な使い方もあります

ディープ・フェイクは必ずしも悪質なものではなく、教育目的で美術館が没後30年のサルヴァドール・ダリを復活させたり、Samsungが1枚の画像からでも表情豊かに喋らせるAIを開発したことで、より手軽にビデオ会議やマルチプレイヤー用ゲーム、それに特殊効果を扱う業界などでの遠隔配信にて実用性の幅を広げることに成功させた、という例もあります。

そんなことはさて置き、ぜひとも「ポータブル キアヌ・リーブスGIFプレイヤー」に、このキアヌも加えて欲しいものです。

Source: YouTube (1, 2) via bOinGbOinG

    あわせて読みたい

    powered by