THE NORTH FACEが「新時代への第一歩を踏み出せるジャケット」を正式発表

  • 27,019

  • author かみやまたくみ
THE NORTH FACEが「新時代への第一歩を踏み出せるジャケット」を正式発表
Photo: かみやまたくみ

月面に一歩を踏み出すように、このジャケットを手に取ろう。

株式会社ゴールドウインとSpiber(スパイバー)株式会社が、2015年から開発を続けてきたアウトドアジャケット「MOON PARKA(ムーン・パーカ)」の購入申し込みを本日2019年8月29日18時から開始、12月12日に発売すると発表しました。限定50着のみの販売で、価格は15万円(税抜)です。

MOON PARKAには構造タンパク質(ブリュード・プロテイン)という新素材が用いられていますが、この素材はさまざまな分野に影響を及ぼす可能性を秘めています。そんな素材を用いた初の本格的プロダクト、という点にMOON PARKAの価値があります。「構造タンパク質時代」への第一歩となっている可能性があるのです。

THE NORTH FACEらしいアウトドアジャケット

DSC06638-1
Photo: かみやまたくみ


DSC06654
Photo: かみやまたくみ


DSC06632-1
Photo: かみやまたくみ


MOON PARKAは一見ふつうのアウトドアジャケット。アウトドアユースもタウンユースもいけるシンプルなデザインでありつつも、少しゴールドがかったベージュのような色味(ムーンゴールド)からは上品で贅沢なオーラが漂い、実にTHE NORTH FACEブランドらしい。触った感じも自然で、特殊な素材を用いているとはわかりません。耐水圧や浸透性、繊維の耐久性などの具体的なスペックは現在非公表ですが、ゴールドウインいわく「性能面でも既存のアウトドア製品に近い」とのこと。

石油由来の素材から生物由来の素材への転換を狙う

DSC06590
Photo: かみやまたくみ


DSC06593
Photo: かみやまたくみ


MOON PARKAの表面素材は構造タンパク質100%。構造タンパク質は微生物を用いて人口的に培養された生物由来の素材です。クモの遺伝子解析を徹底的に行ない、強靭さなどのアウトドアウェアに必要となる性質は残し、水に濡れると収縮してしまうといった不要な性質は除去できるようなアミノ酸配列を研究。商業製品用に生産できるようにしたものです。

MOON PARKAは、人間が遺伝子を産業利用できるレベルで操れ、その成果は実用レベルに達しているという事実が形になった、記念碑的プロダクトなわけです。

構造タンパク質の利用先はアパレルに留まらない

ゴールドウイン社およびSpiber社によると、構造タンパク質を使ったさらなる新製品の開発が進められているとのこと。しばらくはMOON PARKAと先日発表されたPlanetary Equilibrium Teeだけが構造タンパク質を使った製品ということになりそうですが、いずれTシャツというデイリーな製品とハイエンドなアウトドアジャケットというラインナップの間を埋めるプロダクトが展開され、ニーズに合った構造タンパク質ウェアを買えるようになっていくのでしょう。

THE NORTH FACEが構造タンパク質に賭ける理由はシンプル、石油を原料とした素材から生物由来の素材への転換を進めたいのです。いずれ枯渇すると言われている石油への依存をやめることで産業をよりサステナブルなものにしたい、と構造タンパク質を技術として確立したSpiber社は語っています。

Spiber社によると自動車産業で活用してもらえるような構造タンパク質の開発も進んでいるそうです。ウェアの次は自動車ってどういうこと?って感じですが、航空機の素材に使えるような軽量な構造タンパク質の構想もあるらしいので、カーボンみたいな感じなのかも? アパレルと自動車という巨大産業で用いられるようになれば、ほかの産業にも広まる可能性があります。

一足先に構造タンパク質時代に足を踏み入れる権利、15万円

DSC06634-1
MOON PARKAの内側には、月から見た地球があしらわれています。
Photo: かみやまたくみ

もし後年、Spiber社の狙い通りに構造タンパク質素材が広く用いられるようになっていたら、MOON PARKAには歴史的価値も生じてくるでしょう。産業全体をよりサステナブルなものに変えた素材を用いた初の本格的プロダクト、という価値ですね。

MOON PARKAという名は「困難だが実現すれば巨大なインパクトをもたらす壮大な挑戦」という意味の「Moonshot」にちなんでいると知って、なるほどと思いました。

そう、2019年はアポロ11による月面着陸からちょうど50年。宇宙開発に必要なのは命を賭ける勇気でしたが、新素材が世界を変えるのに必要なのは製品に使ってくれるメーカー、そしてコンシューマーに受け入れられること。MOON PARKAを手に入れるということは、構造タンパク質への期待感を表明することであり、率先して構造タンパク質素材の時代へ一歩を踏み出すということになるはずです。

15万円のジャケットは言うまでもなく高価ですが、それに込められた企業のチャレンジ精神にロマンと共感を覚えたアーリーアダプターにはたまらないかもしれませんね。

Source: THE NORTH FACE Sp.

MOON PARKA ほしい?

  • 0
  • 0
THE NORTH FACE Sp.

    あわせて読みたい

    powered by