くるみ、ピーマン、バナナなど。ゲーム『モータルコンバット』のグロい音の作り方

  • 5,584

  • author 岡本玄介
くるみ、ピーマン、バナナなど。ゲーム『モータルコンバット』のグロい音の作り方
Image: VICE News/YouTube

これからはピーマンの見る目が変わりそう。

映画の音効さんは、たとえば骨折の音数本束ねたセロリを一気にへし折って再現したり、身近な生活用品などを駆使して、視覚に合わせた音を創出します。それはリアリスティック加減を極めた最近のテレビゲームでも同じで、必殺技のグロ表現に定評がある格闘ゲーム『モータルコンバット』でも、同様に身近なもので音を生み出しているのです。

bOinGbOinGが取り挙げたVICE Newsの動画では、くるみを砕く、ピーマンを捻り潰す、バナナを咀嚼する何でもない音が、おぞましい程スプラッターな音に変わる様子が紹介されています。

ゲーム画面の「フェイタリティー」がかなりグロいので、閲覧注意でどうぞ。

Video: VICE News/YouTube

グレープフルーツもジューシー(違う意味で)ですし、包丁や謎のツールも活躍します。そうした生音はコンピューターで加工され、くるみはが砕ける音に、バナナはゲロを履きまくる音に、そしてピーマンを捻れば頭蓋骨が裂け、グレープフルーツは大量の流血音に大変身するのです。

ひとつのフェイタリティー音の制作には、1~2日が費やされるとのこと。『モータルコンバット11』は現在、2019年で最も売れたゲームだそうですが、その秘密はこうした音効にもあるんですね。

しかし音効のスティーブン・シャプラーさん、紳士的な出で立ちなのにグロいものが大好きそうですよね。楽しんで制作している様子が垣間見えて、『モータルコンバット』はこういう人たちが作っているんだなぁと思わせてくれました。

Source: YouTube via bOinGbOinG

    あわせて読みたい

    powered by