ドイツの遊園地、ナチスの鉤十字っぽい形のアトラクションがSNSで炎上し運行停止に

  • 6,714

  • author Matt Novak - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岩田リョウコ
ドイツの遊園地、ナチスの鉤十字っぽい形のアトラクションがSNSで炎上し運行停止に
Image: euronews (in English)/YouTube

確かによく見ると巨大なスワスティカ!

ドイツの遊園地に登場したアトラクションにSNSが大反応を起こすという出来事が起こりました。そのアトラクション「イーグルズ・フライト」という、まぁ名前は普通のよくある乗り物っぽい感じなのですが、炎上騒ぎで運転休止することになってしまいました。なぜなら、その形がナチスの象徴「鉤十字(スワスティカ)」みたいだったからです。(しかも2つ)

7月に初登場したこのアトラクション。実は8月3日までは静かに運行していたのですが、その日にドイツ語版のソーシャルニュースサイトRedditにこのアトラクションの動画が載ったことがきっかけで炎上。Redditユーザーたちはナチスによって行なわれた大虐殺(ホロコースト)とジェットコースターをもじって「ホロコースター」などと呼んでみたり

アミューズメントパークの園長は、地元新聞に対して「これが鉤十字の形をしているとは、まったく気づきませんでした」と謝罪。

もともと先に設置されているゴンドラは、4つではなく3つの想定で作られるはずだったそうですが、構造上の問題で4つになったそう。3つなら鉤十字には見えないですよね。園長は「このデザインで気分を害された方みなさんに謝罪をいたします」と話しています。

このアトラクションはイタリアで製造されたのですが、製造会社がわざと鉤十字に見えるデザインにしたのかどうかは今の所不明です。

実は鉤十字に見えるという問題だけではなく、この乗り物の名前もちょっとアヤシイんだそうです。「イーグルズ・フライト」は普通によくあるアトラクションぽい名前ですが、イーグル(鷹)はナチスのロゴマークとは長い歴史があり、有名なロゴのひとつに鉤十字を掴んでいる鷹のものがあります

ちなみにこのイーグルズ・フライトがどんなアトラクションかは、こちらのYouTubeで確認できます。

ドイツでは公共の場で鉤十字を使用することが禁じられていて、使用すると最大で禁錮3年の刑が科せられる可能性があります。このアミューズメントパークが刑に値するという報告はされていませんので、大丈夫かと思われますが、Telegraphという新聞は「このシンボルを公共で使用した場合、遅かれ早かれ誰かが気づき、報告されることになっていたはずだが、アミューズメントパークの早い対応が功を奏した」と評価しています。

Source: YouTube

    あわせて読みたい

    powered by