アナログっぽいけど最先端。アメリカ空軍が既存の航空機を操縦できるロボットをテスト中

  • 6,695

  • author Andrew Liszewski - Gizmodo US
  • [原文]
  • K.Yoshioka
アナログっぽいけど最先端。アメリカ空軍が既存の航空機を操縦できるロボットをテスト中
Photo: Robins Air Force Base

ついにここまできたか…。

無人航空機と言えば、軍事航空の未来であり、危険な任務や作業における人間のパイロットのリスクを最小限に抑えると期待されています。実際に無人航空機はすでに運用されてはいますが、現在アメリカ空軍は既存の航空機を操縦できるロボットをテストしているんだとか。最小限の工程で航空機の自律飛行を可能にしてくれるみたいですよ。

どんな航空機でも無人化できる

航空機を作るのって、操縦かんやペダル、その他の物理的コントローラーを、エンジンと操縦面、自律機能と電子的にリンクしてくれるシステム「フライ・バイ・ワイヤ」を使えば比較的簡単なんです。あと航空機に新たなコンピューター制御システムを追加する場合も、特別な工程を必要とするときもありますが、ほとんどの場合はソフトウェアのアップグレードで解決します。しかし、数十億ドルの電子機器や自律性のあるシステムがまだ満載されていない航空機を自律飛行させるには、かなり多くのハードウェアの変更と追加コンポーネントが必要で、永続的にアップグレードしないといけないなんですよね。

そこで空軍研究所は、どんな航空機でも無人化させることを目的に、自律型航空機を専門とするDZYNE Technologies Incorporatedという会社と協力して、「ROBOpilot(Robotic Pilot Unmanned Conversion Program)」を開発しました。ただロボットとは言うものの、手足が付いて勝手に航空機を乗り降りするような見た目ではありません。シートを取り外してコックピット内に設置する機械のようなイメージですね。

ROBOpilotは、アクチュエータ、センサー、ロボットアーム、さらには独自の電源システムを使用します。航空機の操縦かんを操作するのはもちろん、ラダーとブレーキペダルを押したり、スロットルを調整、ダッシュボードのスイッチなどもを切り替えることができるんだとか。ちょっとアナログな感じもしますが、これは人間のパイロットが守らないといけないアメリカ連邦航空局のガイドラインに沿って、合法的な飛行を行なうために必要だったとのこと。またROBOpilotにはカメラシステムも搭載されており、航空機のダッシュボードにある無数のダイヤルやゲージからのフィードバックも監視できます。

取り付け・取り外しは簡単。すでにテスト飛行にも成功

ockwty4vpkkfjnxxwyoi
Photo: Robins Air Force Base

写真で見てみると、ROBOpilotは完全にコックピットと同化してますね(『スター・トレック』の機械生命体ボーグ的な…)。しかし航空機を無人飛行にアップグレードするアプローチとしては、とても非侵略的なんです。簡単に取り付け・取り外しができて、再び人間が操縦できるようにも戻せます。

ROBOpilotはフライトシミュレーターを使用した1年間のテストを経て、今年の8月9日にユタ州のダグウェイ試験場で小型セスナ飛行機を使用し、離陸、特定のルートのナビゲート、そして着陸を含む2時間の飛行に人間の制御なしで成功しました。

ただすぐ任務に使えるというわけにはいきません。ROBOpilotが高価な航空機を扱うアメリカ空軍の信頼を獲得するまでには、さらに数百時間のテストが必要になります。しかし、ROBOpilotが本格的に稼働するとなれば、アメリカ空軍が保有している大量の航空機たちの寿命を延ばすことになるでしょうね。無人飛行の利点は数十年前にすでに有用であることが証明されているわけですし。

Source: Robins Air Force Base, DZYNE Technologies Incorporated

    あわせて読みたい

    powered by