タクシーが空飛び巨大人工月が輝く。未来都市「ネオム」計画がサウジアラビアで進行中

タクシーが空飛び巨大人工月が輝く。未来都市「ネオム」計画がサウジアラビアで進行中
サウジアラビア皇太子

どこまで本気なの? ワクワクはするけどね。

サウジアラビアが計画する未来都市「ネオム」では、雲発生器による人工雨が降り、家政婦ロボットが家事をしてくれて、ジュラシックパークのような恐竜ロボットの島や、ロボット格闘技を楽しむことができ、空飛ぶタクシーで移動することができます。一方で、ネオムの住人は、ドローンや顔認証による完全監視下に置かれることになります。

サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子(通称MBS)は、5000億ドル(約54兆円)を費やし、未来都市ネオムの建設を進めています。そのためには、ネオム建設予定地であるエジプトとヨルダンの国境近くにあるシャルマの地域部族を2万人以上、強制的に移住させなくてはいけません

米Wall Street Journal誌は、ネオム計画に携わるアメリカのコンサルティング会社のボストン・コンサルティング・グループ、マッキンゼー・アンド・カンパニー、オリバー・ワイマンによる2300ページの機密文書を入手しました。

約4年前に彼が「財政を立て直すにはどうするのが良いか考え」「自国の地図をGoogle Earthで見てみたら、北西部の約4分の1が空白だった」のが、ネオム構想を思いついたきっかけだったそうです。

NASAと共同で開発するという「巨大な人工月」、前述の家政婦ロボットに恐竜ロボット、さらに「人間のゲノムを改変し強じんな肉体にするプロジェクト」、さらに皇太子は、腕時計の文字盤のように「暗闇の中でも光る砂浜」を作りたがっているそうですよ(ただし「暗闇で光る砂浜」の技術的な実現方法は今のところ無いそうです)。

未来都市ネオムは、エネルギーに依存した経済体制を大きく変革しようとするサウジの事実上の支配者である皇太子の最大の目玉計画です。また、皇太子は反体制派のジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏をトルコのサウジアラビア領事館での殺害事件を指示したとされ、さらにイエメン内戦への軍事介入を主導してきた悪名高き人物でもあります。

アメリカのコンサルティング会社が計画したネオム構想はにぶっ飛んでいて、一部の技術は存在すらしていません。

あわせて読みたい

powered by