現代のヘッドハンティング!有名ゲーム実況者AmazonからMicrosoftへ

  • author そうこ
現代のヘッドハンティング!有名ゲーム実況者AmazonからMicrosoftへ
Image: Ninja/Twitter

さよならAmazon。

ゲーム好き、特にフォートナイト好きならご存知のことと思いますが、超有名ゲーム実況者Tyler “Ninja” Blevins氏が、先日、自身のTwitterで電撃「移籍」を発表しました。

Ninjaといえば、Amazon(アマゾン)傘下の動画プラットフォームTwitchでぶっちぎりのフォロワー数を持つ超人気動画配信者。移籍先は、Microsoft(マイクロソフト)が有する動画プラットフォームのMixer。今後、Ninjaの動画配信はMixer限定で行なわれます。

ネタ元のSeekingAlpha曰く、NinjaはTwichにて最高で10万人以上の有料登録ファンを抱えており、Twitch(Amazon)にとってプラットフォームのドル箱的存在だったのは間違いありません。メジャープラットフォームとはいえないTwitchだけに、これはかなりの痛手。

Microsoftからの買収後、成長に苦しんでいるMixerがNinja獲得でどれだけ成果をだせるのか。また、人気配信者の専属契約で配信者側からどれだけ注目を集められるのか。なにはともあれ、Microsoftが動画プラットフォームに本気をだしてます。ユーザー型動画配信プラットフォームを有するApple除くGAFA 3社、以前からあったもののこれを機に人気ネットスター獲得が、さらに激化するかもしれませんね。

Twitterでの移籍発表では、Ninja自身が一人何役もこなす凝った動画まで公開。観覧数はすでに1000万回を超えており、注目の高さが伺えます。動画内でNinjaは、プラットフォームが変わるだけで動画コンテンツに対しては今までと同じだとコメント。Mixerとの契約内容には触れられていません。

個人的には私生活でAmazonと切りたくても縁を切れないなので、状況は違えど「さよならAmazon」と言える人スゴイという斜め上の感想で締めます。以上です。

Source: SeekingAlpha, Twitter

    あわせて読みたい

    powered by