ナイキからSiriで靴ヒモを結べる「Adapt Huarache」登場

  • 5,500

  • author Andrew Liszewski - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岡本玄介
ナイキからSiriで靴ヒモを結べる「Adapt Huarache」登場
Image: Nike

スニーカーなのにウェアラブル・デバイスになった感じ?

ナイキの自動靴ヒモ結びスニーカーが持つ「FitAdapt」技術が、ナイキの看板の下でゆっくりと、そして独自の路線を歩んでいます。そしてそこには、Apple WatchやSiriと連携する「Adapt Huarache(アダプト・ハラチ)」の姿が。

歴史あるハラチがハイテクに

元々「エア ハラチ」は1991年に発売され、当時からすでにメカっぽいデザインで、今でも古さをまったく感じさせないものでした。ですが今、ナイキで初めてApple Watch、または単純にSiriに命じるだけで遠隔操作により靴ヒモを調節できるモデルへと進化したのです。

使われるNike Adaptアプリでは、もうソフトウェアのアップデート中に起こった「履ける文鎮」化現象を修正しているものと思われ、FitAdaptシリーズにいくつかの新機能を導入しています。

そこには、単に靴ヒモを緩めたり締めたりするだけでなく、ユーザーの足のタイプや、どんな運動を考えているのかで締め付け加減を調節できる初期設定が登録されています。ユーザーは「Adapt Huarache」が持つLEDの光をカスタマイズすることが出来ますが…夜間のジョギングで目立たなくなるよう、電源を切ることが出来るかどうかは言及されていません。

190830_nike2
Image: Nike

締め付けをリモコン操作

またナイキはApple Watch版のアプリも提供しており、スニーカーをリモコン操作できるようにしました。この機能は、スマホを家においたままジョギングに出掛けたい人たちや、スニーカーのボタンを操作するために身体を曲げてしゃがみたくない人たちにとっては、歓迎すべき追加機能ですよね。

FitAdaptの技術は、Siriのショートカットにも対応しており、ユーザーは任意の音声指示をカスタマイズすることが可能で、Siriに声をかけるだけでスニーカーの機能を作動させることが出来ます。これはお母さんが「家の中では靴を脱ぎなさい!」と怒鳴っていたのと同じってことですかね(家でも土足が多いアメリカの場合)。

気になるお値段は?

「Adapt Huarache」は9月13日から発売されますが、自動靴ヒモ結びスニーカーは今でも大人気で品切れ続出中なので、お気に入りの靴屋さんに徹夜で並びたい人たちもいるかもしれません。値段はまだ公表されていませんが、今年初頭に出た自動靴ヒモ結びバッシュ「アダプト BB」が定価3万7800円だったことを踏まえると、その辺りのお値段になるのかな? と思われます。

Source: NIKE NEWS, HYPEBEAST (1, 2), NIKE

    あわせて読みたい

    powered by