カッターナイフにも負けないよ! 本革でタフなミニマルウォレット「Ideka」を試してみた

  • 10,066

  • lifehacker
  • machi-ya
  • Buy
  • author Hideaki Yamamura
カッターナイフにも負けないよ! 本革でタフなミニマルウォレット「Ideka」を試してみた
Photo: Junya Masuda

ライフハッカー[日本版]からの転載

いよいよ増税ですね…。

とはいえ、キャッシュレス決済の利用でポイント還元などもあるので各種準備は早めにしておきたいところ。

ということで、キャッシュレスを個人的にも推進すべく、余分なものが入らないコンパクトなお財布を探したところ良さげなものを姉妹サイトmachi-yaで「Ideka」を発見。

ミニマルながら本革使用のタフなお財布になっているとのことで、サンプルをお借りしいろいろチェックしてみました。

Video: Yu MULTAS/YouTube

カッターにも耐える防刃仕様本革

DSCF0357(1)
Photo: Junya Masuda

素材には高級感ある本革が採用されています。カラーはどちらもブラックですが、よりシンプルな「ナッパレザー」(手前と模様が美しいトップグレインレザー」(の2種から選択可能。

cut
Photo: Junya Masuda

いざ勝負!と挑んでみましたが、まったく傷がつきません。両タイプともカッターでも切れない防刃加工済みなので、このように意図して切っても問題なし。傷を気にせず長く綺麗に使えそうですね。

必要十分な収納力

DSCF0368(1)
Photo: Junya Masuda

折りたたんだ状態だと、カードサイズより一回り大きいサイズ感。お財布というよりカードケースっぽい印象です。

DSCF0365(2)
Photo: Junya Masuda

カードは最大15枚収納できるとのことで、筆者のよく使うカード7枚を入れてみましたが、難なく収納できました。

DSC00596
Photo: Junya Masuda

お札はバンドで固定。ただ、日本の紙幣は海外のものに比べて大きいため、2つ折だとジャストサイズすぎかも。

DSCF0363
Photo: Junya Masuda

紙幣の損傷を防ぐなら、このように3つ折りでの使用が良さそうです。

DSCF0370(1)
Photo: Junya Masuda

カード7枚と紙幣1枚を入れて折りたたんだ状態がこちら。予想以上に膨らまず、横から見てもすっきりしています。

使い勝手を損なわない補助機能

ideka_pull
Photo: Junya Masuda

サイドのカードスロットはプルタブ式。財布を開かずにワンアクションでカードが取り出せます

ideka_coin_s
Photo: Junya Masuda

反対側にはコイン収納があります。この開口部はマグネット式で振っても中身が落ちることはありませんでした。

ミニマル系ウォレットだとコインケースを諦めないといけないものも多いですが、まだ現金のみのお店もあるのでちょうどいい収納量じゃないでしょうか。


行き過ぎないミニマルさで使い勝手のよいお財布「Ideka」は現在クラウドファンディングサイトmachi-yaでキャンペーン実施中。

記事執筆時点では20%オフの早割コースが6,240円(送料込)からオーダー可能となっています。

その他、お得なセットコースも用意されているので、気になる方は下のリンクからチェックしてみてください。

>>気の利いた機能満載のミニ財布「Ideka」のオーダーはこちらから

Source: machi-ya

    あわせて読みたい

    powered by